S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シベリア鉄道にて/8

昨夜は結局午前1時の発車を待つ事なく寝てしまって、列車の揺れで起きたのが1時半頃。トイレに行こうと思ったけれどもドアがロックされたまま。ちょうど乗務員さんが見えたので「使えないの?」と聞いてみたら大きく腕でバッテンをされ、隣の車両を指差すので2号車まで行った。

今朝は起きたら9時過ぎだった。たまに人が住む町を通り過ぎるけれども、レンガ造りの平屋が並び、道の脇にはゴミが山積みで放置されていたり、昨日の満州里とはちょっと違うけれども、中国って感じがする。漢字がいたるところにあるので、つい読んでしまう。

昨日はあまり食べなかったので、起きてたっぷりのポリッジを作った。バナナがもうなくなったので、今朝はカップスープの元と混ぜてチキンスープ味のポリッジ。ポリッジ、まあ要はお粥よね。今回列車に持ち込んでいるのは、麦やバックウィート(って蕎麦?)やライ麦など5種類のミックスで、これが美味しい。甘くしてもいいし、今朝のように塩味で仕上げても良い。牛乳があったら、牛乳で作っても美味しい。

c0218992_12361682.jpg


さっき大慶って駅をすぎた。ダシン?ダシェン?もう、次の停車駅は哈爾浜と書いてハルビンだ。隣のコンパートメントでモスクワから一緒の中国人2人組の1人が降りるんだと思う。長旅の友である。フェイスブックで見つけてよ、と名前を渡したんだけれども、果たして通じているのだろうか。

この車両にも随分長く乗っているけど、特に問題ない。健康だし、そんなに退屈もしてない。本だって4冊も買ったのにまだ1冊も読み終えてない。実はまだアンデルセン童話集の途中。あれから親指姫や人魚姫なんかを読んだ。英語は読むのが遅いから、まあこんな感じ。

今夜寝たら明日の朝5時半にはもう北京。早いなー、もう日本はすぐ海の向こう。
昨夜イギリス人2人は「自分が中国まで来ているなんて信じがたい」って言ってた。わたしも本当に同じ気持ちだけれども、基準がまったく逆。

彼らもわたしもイギリスからロシアを経て中国まで来た。そこで彼らは母国から遠く離れたことを思い、わたしは母国から離れていたのがここまで近くなったことを思う。

ロシアって、そして地球って大きいね!ってことよね。

12 a.m. 11 March / day 7
[PR]
by southend-on-sea | 2010-03-11 12:00 |

最新の記事

再びパリ
at 2011-01-29 22:00
大阪港での通関
at 2010-04-11 00:00
その後
at 2010-04-02 10:00
上海はグーグルで移動
at 2010-03-24 13:00
大阪!
at 2010-03-22 16:00
ラストナイトは上海で
at 2010-03-20 11:00
港街上海
at 2010-03-18 18:00
八達嶺長城に行ってきました
at 2010-03-16 19:00
杏仁豆腐と鳥の巣
at 2010-03-15 13:00
天安門と紫禁城
at 2010-03-13 22:00
シベリア鉄道・クラシック
at 2010-03-12 12:00
シベリア鉄道にて/9
at 2010-03-11 20:00
シベリア鉄道にて/8
at 2010-03-11 12:00
シベリア鉄道にて/7
at 2010-03-10 23:00
シベリア鉄道にて/6
at 2010-03-10 22:00
シベリア鉄道にて/5
at 2010-03-10 20:00
シベリア鉄道にて/4
at 2010-03-09 18:00
シベリア鉄道にて/3
at 2010-03-08 17:00
シベリア鉄道にて/2
at 2010-03-07 23:00
シベリア鉄道にて/1
at 2010-03-06 15:00

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧