S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日英における飲食業の違い

イギリスに来て、初めて外国で働くということを経験しました。

ワーキングホリデー先では、やはり飲食業に就く人が多いと思います。
言葉の問題があるので、いきなりオフィスで働く人は少数でしょう。
これは、ワーキングホリデー先と、日本ではまったく別の職業に就く人も多いということです。

わたしは、日本でも飲食業で長く働いていたので、
今日はその違いについて書いてみようかと思います。

イギリスの飲食業で働きだした当初まず驚いたのが、
飲み物やお料理を持っていったとき、お客様が必ず「 Thank you. 」と言うことです。
どんなに雰囲気が怖そうなお兄さんでも、言います。
実に100%です。

大した事じゃないようで、これは最大の違いと言っていいかもしれない。

日本で長く働きましたが、
飲み物をお持ちして「ありがとう」と言う方がどれだけいると思いますか?
結構少ないです。

スーパーマーケットのレジ。
イギリスでの基本的な流れは、
自分の順番がきたらハローと挨拶し、支払いのときにサンキューで、帰り際はグッバイです。

日本では、店員さんだけが一方的に言葉を発し、
下手したらお客さんは何も言わずに終わる事もあり得ますよね。

個人的には帰り際「ありがとう」は必ず言いますが、
最初はどうでしょうね。
いきなり「こんにちは」はちょっと不自然でしょう。
わたしはコンビニなんかでは「お願いします」でしょうか。

働いている立場からすると、イギリスの方がこの点は断然気分がいいですよね。
自分のサービスに対して反応がありますから。

それでは、店員としての違いはどうでしょうか。
イギリスの飲食業ではたくさんの外国人が働いているので、
「イギリス人の店員は」とも言いにくいですが。

まず服務規程が日本とずいぶん違います。

これはお店にもよると思いますが、
一番分かりやすい例を出すと、
日本のホテル従業員は、染髪・アクセサリー・マニキュア等は禁止だと思います。
従業員は耳や額に髪がかからないようにしています。

イギリスでは銀行の窓口のお姉さんが、顔にタトゥーがあって驚きました。
日本では面接の段階で不採用になると思います。
いくらその人が優秀でも顔にタトゥーがあれば、就職の選択肢はかなり絞られるのが現実でしょう。

わたしが現在勤務しているホテルのレストランでも、染髪・アクセサリー・マニキュアは特に禁止されてはいません。
もちろん、何でもいいという訳ではないので、夜にクラブに行くときのような大きくて派手なピアスを勤務中にしている人はいませんが。

マニキュアも、たまに濃紺とか赤とかしてる人もいます。
最初は驚いたけど、特に注意されてもいないので、いいんだと思います。

色々な人種が集まるイギリスでは、髪は何色が地毛なのかは聞いてみないと分かりません。
勤務先のホテルのレセプションに髪が赤のスタッフがいます。
日本のホテルで受付の人の髪が赤、はあり得ないですよね。

勤務態度の違いはどうでしょうか。

これは個人的な印象だけど、イギリス人は勤務時間が終了したら、すぐに帰る。
仕事が3時までだったら、時計が3時になると仕事終了。
何か途中だったとしても帰る、っていう印象があります。

そうでない人ももちろんいるんですけど、
多くは定時になった途端、エプロン外して「バーイ!」って言う人は多いです。

イギリスは、チップ制度があります。
大抵のお店では、チップはウエイター/ウエイトレスで等分します。
チップは彼らの接客に対して支払われるものだからです。

日本はたいてい時給制だから、店が暇でも大忙しでも、給料は一緒。
となると、暇の方がいいのになーって思ってしまう。

でもチップ制度があると、時給+一部歩合みたいな感じになるから、
忙しくなればチップの割り当てが増える。
良い接客をすれば、その分また増える。

モチベーションの維持にかなり効果がありますよね。
なんといっても現金ですから!

と、まあ少し長くなりましたが、イギリスで少し働いてみた印象を書いてみました。
日本や海外での接客に思う事なども、是非お伺いしてみたいです。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-11-12 14:00 | 英国

帰国売り

クリスマス前にイギリスを離れる予定でおりますので、日本に持って帰れないものをお譲りしたいと思います。
随時更新させていただきます(更新履歴は下のコメント欄をご参照ください。)

複数の方からご希望があった場合、先着順でお譲りさせていただこうと思います。

非喫煙者です。
ペットは飼っておりません。

お取り引きは、手渡しの場合は現金取引、英ポンド、日本円、ユーロで承ります。
円もしくはユーロの場合は、1ポンド150円/1.2 ユーロ計算でお願いします。

郵送の場合は銀行振込でお願いします。
勝手ながら、郵便料金と振込手数料はご負担願います。

所持している銀行口座は、バークレイズ銀行/三井住友銀行/ジャパンネット銀行/三菱東京UFJ銀行/新生銀行です。
ペイパルのアカウントも持っていますが、受け取りに使用した事がないので要相談とさせてください。
日本のクレジットカード決済ご希望の場合、ヤフーオークションのかんたん決済経由でしたら対応できます。

ロンドン在住ではないため、郵送もしくはロンドンに出向く機会に直接手渡しを考えております。
エセックス州サウスエンドに在住しております。
取りに来ていただける方は大歓迎です。

ロンドンへ行く日は、仕事が休みの日、おそらく平日となると思います。
申し訳ないのですがまだ未定です。

ご興味のある方は、下記のコメント機能にて、
メールアドレスまたは電話番号をいただければ、折り返しこちらからご連絡差し上げます。

「非公開コメント」にチェックを入れて頂きますと、
メールアドレス、携帯電話番号は公開されませんのでご安心ください。


------------------

c0218992_21361453.jpg


【吸盤式の洗面グッズ3点セット/2ポンド】
★即お渡し可能

タオルハンガー/トイレットペーパー・ホルダー/石鹸ホルダー/の3点セット。
吸盤式なので、お部屋の壁に穴を開けずに設置できます。
凹凸のある面には取り付けできません。
箱ありません。
購入場所は Sainsbury's です。


------------------

c0218992_2137898.jpg


【任天堂 DS Lite 用チャージャー/3ポンド】
★即お渡し可能

英国内のゲームショップで購入しました。
プラグ形状、対応電圧ともに英国内向けの製品です。
任天堂の製品ではなく、社外品だと思います。
箱は処分したため、ありません。
また、DS Lite 専用のため、DS やDSi には使えないと思います。
あまり使っていないので、接触不良/断線などなく、状態は良いです。


------------------




【黒デューヴェカバー・ダブル/10ポンド】
★即お渡し可能

ウィルキンソンで30ポンドで購入しました。
引越でベッドのサイズが変わったため、3ヶ月ほどしか使っていません。
状態は良いです。

(13日 20:40更新)

ウィルキンソンのサイトで、商品詳細のページを見つけたので、ご参照ください。
こちらのほうが、画像が分かりやすいです。

枕カバーは、現在も使用しているのですが、12月でよろしければお譲りできます。
ご希望の場合は別発送させていただきます。

【リンク:商品詳細】

------------------

c0218992_21422141.jpg


c0218992_2143955.jpg


【フィリップス・スチームアイロン/10ポンド】
★即お渡し可能

定価60ポンドを、セールで30ポンドで購入しました。
購入時の一式(箱、説明書、水を入れるためのカップ)揃っています。
使用期間は1年弱です。
霧吹きボタンと、先端のみ強力スチーム・ボタンがあって便利です。
水道水を入れて使ったのはほんの数回で、
あとはアイロン用専用水を使っていましたので、内部の石灰残りありません。
アイロン専用水はオレンジブロッサム&ザクロの香り付きを使っておりました。
その点ご了承ください。


------------------





【黒・大判カーテン/10ポンド】
★即お渡し可能

サイズは 90×90インチ(228.6×228.6cm)です。
パッケージを捨ててしまったため、物差しで計りました。

引越してまったくサイズが合わず、ほとんど使っていません。
2ヶ月くらい使用しただけです。
表がすこし光沢のあるポリエステル100%黒の無地で、裏はポリエステル65%綿35%の白です。

フックでひっかけて使うタイプです。
吊る位置は3段階で調整でき、上端からそれぞれ 0.5/1.5/2.5インチ(1.27/3.81/6.35cm)の位置で吊るせます。
一番短く使って、フックから下が 87.5インチ(222.25cm)です。

ウィルキンソンにて30ポンド程度で購入しました。
サイズ/色違いの商品も売られていますので、
よろしければお近くの店舗でご確認いただけたらと思います。

(13日 20:40更新)
上記のサイズが2枚セットです。
カーテンを留める共布のタイバックもあります。

ウィルキンソンのサイトで、商品詳細のページを見つけたので、ご参照ください。

【リンク:商品詳細】

------------------

【2枚用トースター/無料】
★即お渡し可能

以前の勤務先で使わなくなったものを頂きました。
かなり油ベタベタでしたが、分解掃除したので綺麗です。
こちらは、他に何か買ってくださる方でご希望の方に先着で差し上げます。


------------------

c0218992_21373880.jpg


【3 UK のモデム/15ポンド】
★即お渡し可能

手軽にインターネットを使いたい方に、
USB 接続の、携帯電話回線を使用したモデムです。
中に付属の SIM カードを入れて使います。
2008年6月頃に50ポンド程度で購入。

お持ちのパソコンに USB のポートがあり、3 UK の携帯電話が圏内なら、
このセットだけでインターネットが使用できます。
小型なので、外出時も使えます。

1度トップアップすると、30日間もしくは制限量を使い切るまで使えます。
トップアップは、10/15/20ポンドの3種類から選べます。
携帯電話のトップアップと同じです。
メールとサイトの閲覧が中心なら、1ヶ月10ポンドで充分でした。
音楽や映像をダウンロードしたい方にはあまり向いていないかもしれません。

説明書など、購入時の付属品一式揃っています。
使い方が分からない場合は、簡単にご説明いたします。


------------------

【女性用・仕事用のお洋服セット/10ポンド】
☆12月中旬以降にお渡し

英プライマークで購入の白シャツ4枚と、
英クリスプで購入の黒ミニスカート、
日本ユニクロで購入の黒いパンツ2本、以上7点セットでお譲りします。

白シャツはすべて同じ物で、サイズ8です。
1枚だけ1年数ヶ月着用しており、残り3枚は半年弱の着用です。
1着 2.5 ポンドくらいの、廉価品です。

黒ミニスカートは、サイズ8で購入価格は10ポンドくらい、
かなり伸縮性のある生地で、動きやすいです。
ベルト通し、装飾等はありません。

ユニクロのパンツ2本は、日本購入です。
1本は比較的薄めの生地で、もう1本は少し厚めの生地です。

すべて、着用感ありますこと、ご了承ください。
当方は身長160センチ、平均的日本人女性の体型です。

こちらのお洋服に限っては、ぎりぎりまで仕事で使う予定ですので、
時間が合えば、英国出国時にロンドンでのお渡しも可能かとは思いますが、
基本的には郵送でのお渡しになるかと思います。
12月下旬にお渡しできます。

[PR]
# by southend-on-sea | 2009-11-10 19:00 | 英国

各国語での朝飯前

しばらくは英国にいるので、このあたりで英国の日常でも書いてみようかと思う。
いたって普通の生活ですが。

現在メインで働いているのは、海沿いにあるホテルのレストラン。
7月から働き始めて、週5日勤務しています。
この地域では最も忙しいレストランの1つだと思います。
幸運にも、働く事ができて満足してます。

で、ここ2週間は、かつて勤務していたカフェでもお手伝いでアルバイト。
スタッフの1人がホリデイでいないので、代わりに。
先日書いた、ロシア出身のアリーナと出会ったのも、このカフェです。

こちらは10テーブル、席数30弱の小さなお店です。
オーナーがユダヤ人なので、手作りベーグルが売りです。

今日もホテルの勤務が休みだったので、こちらのカフェでアルバイトしてきました。

ホテルと違って、小さいカフェのいい点は、のんびりしていること。
決してさぼれるという意味ではないんですが、
お客さんとの距離も近いし、ピリピリしていません。

ホテルのレストランだと、
まず、オーダーは全部コンピューター管理なので、
個人に割り当てられたカードを使って、タッチパネル入力です。
「カプチーノ カフェイン抜き 脱脂乳で」といった変則オーダーの場合も、
オーダー入力時に特別オーダーとして入力する必要があります。

そうすると、

Table 23
------------------
1 Cappuccino
Spec Prep
DECAF&SKINNY

みたいなチケットがコーヒーマシンの近くにある小型プリンタからガビビビと出力されます。
前菜、メイン、デザート、バー、全部自動で振り分けられて、
しかるべき場所からプリントアウトされます。
かなりシステマチックです。

それに対してカフェの方は原始的。
お客さんがいらしたら、紙の伝票とペン持って注文を聞きに行きます。

で、注文を取った人が、作る。
飲み物と火を使わないベーグル・サンドをカウンタで作ります。

火を使うお料理、キッチンへのオーダーも、もちろん口頭です。
「フル・イングリッシュ・ブレックファスト、
 マッシュルーム抜きの代わりにエクストラ目玉焼き、
 トーストはブラウン、バター無しでお願いしまーす」といった感じ。

持ち帰りもしているので、
ベーグルをナイフでカットしながら、「バターはどうしますか?」って聞いたり、
「コーヒーのお砂糖はおいくつ」みたいな、
ホテルとは違うタイプの接客です。

どちらも、違う楽しさがある。
自分で将来お店を持てるとしたら、小さいお店がいいなと思うけど。

さて。
今日は、言葉について少し。

先日ホテルの勤務先で、フランス出身の同僚と話していたとき。

英語ではとても簡単な事を「 piece of cake 」って言いますよね。
一切れのケーキがどうして簡単を意味するのか由来は知りませんが。

フランス語ではどういうの?って聞いてみたところ、
面白い答えが返ってきました。

英語に訳すと「 fingers in the nose 」だそうです。
鼻に両指をつっこむ仕草をしながら教えてくれました。
これまた、どういう由来なのか興味があります。

日本語は「朝飯前」という表現があるので、
英語にしてみると「 before breakfast 」でしょうか?

これは、と思って今日はロシア人のアリーナに聞いてみました。

In Russian, It's very rude!

そう彼女が言ったあとに、こっそり耳元で教えてくれましたが、
ちょっと表現的に、ここに書けるようなものではありません…

ユダヤ人のボスに、ヘブライ語ではどうかと聞いてみたところ、
普通に「 no effort(努力なしに)」といった表現だそうです。

アリーナは笑いながら、他にも美しい肌の表現を教えてくれました。

英語では、わたしも初めて知ったのですが、
「 peaches and cream 」と言うのだそうです。
桃とクリーム、確かにまあ分かる気がします。

ところがロシア語ではなんと「 blood and milk 」だそうで。

「あなたの肌は血とミルクのようね!」って言われて、
褒められてるんだか何なのだか分かりませんね。

こういう言語の違いって面白い。
みなさん、他の言語ではどういう表現をするのかご存知でしたら、是非教えてください。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-11-06 20:00 | 英国

イギリスのビザ申請について

イギリスのワーキングホリデービザ、
特に犯罪歴に関する設問に関して調べている方がいらっしゃるようなので、
参考になればと思い、少々書きたいと思います。

2008年にイギリスのワーキングホリデー・ビザを申請しました。
わたしが申請したときも、情報がまったくなくて困りましたので。

イギリスのワーキングホリデーは狭き門で、
まずは葉書による抽選で申請資格が与えられます。

運良く封筒が送られてきた人だけが、申請できるわけですが、
申請用紙に、過去の犯罪歴の有無を書く欄がありました。

現在はイギリスのビザ申請方法が全般的に変更になりましたが、
この部分は当時と変更ないと思います。

犯罪歴というと、ちょっとドキっとしますが、注釈に「交通違反も含む」とあります。
交通違反も程度によっては犯罪です。

わたしの場合は、スピード違反(赤切符)が1回ありましたが、
結果的にビザは問題なく発給されました。

申請前は、かなり動揺し、
情報を得ようとワーキングホリデー協会にも登録し、
以前の事例を訊ねたんですが、
「過去に登録者の中で犯罪歴をイエスで申請した人はゼロ」との返答でした。

交通違反をした人が申請したケースがないんですか、と言うと、
わざわざ東京支所にも確認を入れてくださったのですが、やはり前例なしとのこと。

これは今でも疑っていますが、
本当に、交通違反をしたことのない人ばかりなのか、
それとも違反歴はあるものの「ノー」にチェックして申請しているのでしょうか。

けっこうな手間がかかりましたが、簡単に流れを書いておきます。

申請用紙には、有罪判決を受けた犯罪の詳細、公認記録が必要だとありました。

まずは検察庁で判決謄本を請求します。
わたしの場合、大阪市内の検察庁まで行きました。
堺市の検察庁では、当日の発行はできませんと言われたように覚えています。
判決謄本というのは、要は赤切符のコピーです。

そして、それを翻訳する必要があります。
これが一番時間がかかります。
赤切符を端から端まで訳しました。
専門用語が多くてかなり苦労したのを覚えています。
当時通っていた英会話スクールで添削してもらいました。

わたしの場合は専門家に頼んだ訳ではなく、自分で翻訳しました。
謄本にプリントアウトした翻訳を添えて、ビザ申請です。
ちなみに25歳以上で申請です。

こんなことブログで書くのも恥さらしですが、
どなたかのお役に立てばと思い、書きました。

質問があれば、コメントください。

英国 イギリス UK
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-31 17:00 | ワーキングホリデー

ロシア人と知り合った

今日は、いつもの仕事に行く前に、去年働いていたカフェでも働いてきました。
現在のフラットメイト(同居人?)と知り合ったお店です。
彼女は現在も土曜日だけ副業としてアルバイトしてる。

オーナーとちょっとうまくいかなくなって辞めたんだけど、
最近、ある事がきっかけで仲直りというか、
まあ水に流そうということで落ち着きました。

わたしが働いていたときも、国際色豊かなカフェでして、
まずオーナーがユダヤ人で、
同僚はノルウェー、メキシコ育ちの英国人、タイ人、イタリア人。
残念ながら、もう当時のスタッフはほとんど残ってないけど。

でも!
ロシア出身のアリーナが2ヶ月前から働いていた。

さっそく、わたしのシベリア鉄道計画を話しました。

ロシアの治安はどうなのか。
シベリア鉄道に乗った事はあるか。
天候や気温は。
英語は通じるのか。

聞いてみると、思っていたよりも、かなり良いかもしれない。

彼女によると、自身はシベリア鉄道に乗った事はないけれども、
妹さんが日本に行くのに乗った事があって「車内はとても快適だった」とのこと。

治安も、以前よりは格段に良いとのこと。
ただ、注意したほうが良い人、というのも存在するので、
貴重品は文字通り肌身離さず管理するように、と言われました。

そして最近は、多くのロシア人が英語を流暢に話すとのこと。
まあ、わたしの英語がそもそも流暢とは言い難いので…
第2言語として英語を話す者同士で会話が成り立てば、問題ない。

そして、冬はやっぱり寒いそうです。
本当に寒いけれども、英国と違って空気が乾いているので、
感じ方が違うと言われました。

これは、ノルウェー出身の同僚もそう言ってた。
どういう感じなんでしょう??

とても寒いから防寒はしっかりするように、とのアドバイスでした。
あのロシアの毛皮の帽子って高価なのかなー。
耳当てのついた、あのモコモコの帽子。

アリーナは、ロシアのどこの出身なの、って聞いたら、
サンクトペテルブルグだそうです。
北欧に近い都市よね。

Saint Petersburg

日本語の発音と違いすぎて、知らないと聞いても分からなかったかも。
英語で発音すると「セントピーターズバーグ」という感じでしょうか。

ロシア語ではどうやって発音するのって尋ねたんだけど、英語の発音に近かった。

地名の発音って、日本語と英語でまったく違う場合もあるよね。

例えば「わたしは大阪出身なんです」って英語で言うときも、
日本語の発音で「大阪」って言っても通じないことが多い。
「オ・サーカ」みたいに言うと通じる。

東京は「トーキヨ」だし、京都も「キ・ヨート」だ。

他にも違うなー、と思ったのが、
プラハは全然違って「プラーグ」だし、
ルクソールは「ラクソー」みたいな発音。
ヨルダンは「ジョーダン」で、キプロスは「サイプラス」に近く聞こえます。

ちょっと脱線しましたが、明日も同じく働くので、
引き続きアリーナからロシアについて教えてもらおうと思います。

聞く事、考えておかないと!
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-31 00:00 |

インターレイルパス

大まかな予定を決めなければ!
イギリス滞在中にしかできないこともある。

「ユーレイルパスって」なんか聞いた事あるよね。
ヨーロッパの鉄道パス。

これを使って、ロシアまで行こうと思ってたんだけど、
調べていくと「インターレイルパス」というのも見つかった。

ユーレイルパスより使える国が多く、ユーレイルパスよりも安い。
ヨーロッパに在住しているか、6ヶ月以上住んでいると購入できるらしい。

わたし、6ヶ月以上滞在していると言っていいのでしょうか。
厳密に言うと、6ヶ月連続しては滞在していない。
途中でフランスに行ったり日本に帰ったりしているものね。

インターレイルパスを買いたいものである。
6ヶ月滞在していない旅行者でも買えた、という人もいるみたい。

インターレイルパスもユーレイルパスも、ほとんどの鉄道に乗り放題。
一部で追加料金がかかったりもするらしいけれど、それも僅か。

パスを使って夜行列車に乗り、
宿泊費を節約しつつ、寝ている間に移動しようという魂胆です。

インターレイルパスにも、色々と種類があるようで、
「コンティニュアス」パスは連続した1ヶ月/22日有効、
「フレキシブル」パスは10日間中の任意の5日/22日間中任意の10日有効。

それぞれにユース2等/アダルト2等/アダルト1等がある。

わたしの場合、年齢でユースは買えない。
アダルトの多分2等を購入するかと思うんだけど、問題はパスの有効期間。

エジプトは、ヨーロッパではないので当然パスも使えない。
現在考えているエジプトまでのルートでパスが使えない国は、
アルバニア、シリア、ヨルダン、エジプトの4カ国。

英国〜エジプトまで10日のフレキシブルパスを使い、
そこからまた戻ってトルコからモスクワまでをコンティニュアスで巡るのが妥当?
この場合、パスを2種買うということになる。
どれだけ鉄道好きなの!って。

それとも英国〜エジプト間は普通に切符で行く?
5日パスと切符という選択もある。
計算しなくては。

面倒だな。

国際版「乗換え案内」ってないのかしら。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-29 02:00 |

ロシアビザ申請に光が見えた

ロシアのビザ申請に光が見えてきた。
頼るべきはミクシイである!

英語で検索すれば様々な有用な情報が見つかるのだろうが、
わたしの母語は日本語なので、日本語が最も理解しやすい。

もちろん英語のサイトだって必要があれば読むけれども、
読むスピードも理解も遅いし、知らない単語にも出会う。
言ってしまえば、英語のサイトを読むのは面倒なのだ!

さて、ロシア旅行を考えている方がここを読んでることを考えて、
具体的にロシアビザについて書いておきます。

ロシアに入国するには、必ずビザが必要。
ビザの種類は「観光/業務/トランジット」の3種類。

今回は観光ビザを在ロンドンのロシア大使館にて申請する予定です。
日本のロシア大使館で申請する場合も、必要書類は一緒だと思います。

ロシアビザの特徴は、
旅行日程を決定し、宿泊先の予約を完了しないと申請できないということ。

ホテル等の宿泊先より、予約証明書やヴァウチャー等を発行してもらい、
それを添えて申請するわけです。
そして、旅行時には宿泊先にて「滞在登録」という手続きが必要。

決めた通りに動くほかない。

しかし、調べるとヴァウチャーのみを発行する会社があるようで、
架空というと語弊があるかもしれないけど、
まあ実際には存在しない予約証明書を購入することができるのです。

そちらを添えてビザを申請し、発給されれば自由旅行ができる!と。
滞在手続もしてくれる会社を選べば万全、とのこと。

ミクシイに「ロシアビザ」というコミュニティがある。
コミュニティ内のトピックを読み進むと、
ロシアビザ申請に必要なヴァウチャーの入手方法が具体的に紹介されている。

気になっていた、申請時の入国予定日に必ず入国する必要があるのかという点は、
コミュニティで質問してみたところ、
有効期間に入国/出国すれば問題ないとのこと。

というわけで、
ロシアのビザについて知りたかったことはほぼ解決した。

あとは、大まかな日程を予想して、ロシア入国日を算出したい。
再来週の休みまでにロンドンに出てロシアビザを申請しよう。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-24 04:00 |

中国はビザ不要

シベリア鉄道で北京まで乗るということ、
それは「中国にも入国する」ということだ。

あんまり考えていなかったけど、中国もビザは必要だろう。

と思って「地球の歩き方」のウェブサイトを見てみたところ、
15日以内の滞在ならビザが不要だとか。

わたしがビザを申請して中国に行ったのは、いつだっただろう。
6年以上前だけど、10年以上は前じゃない。
ま、7〜8年前かな。

当時はビザが必要だった。
チェンマイの中国領事館で申し込みをした。

あ、思い出した。
Y2K問題の年だったから、2001年の年明けだ。
もう9年近く前になるのか。

確かあのときは、年末にタイのバンコクからスタート、
ラオスを北上してタイに戻り、ベトナムのホーチミンまで飛行機で移動。
その後中国に行って、最後は上海から大阪まで船に乗った。

困ったのは、香港とマカオに行くと、
中国本土に戻るにはビザを取り直さないといけなかったこと。

香港もマカオも中国に返還されていたのに、
香港に渡った時点で中国を出国したことになってしまった。
結果、マカオで再度ビザを申請。

この時の旅行の話は、機会があればまた詳しく。

少し気になるのは「地球の歩き方」のウェブサイトによる情報。
下記の「特殊な旅行」って、何だろう。
気になるというのは、自分が該当するかも、という意味ではなく、
単純に興味があるという意味で。

以下「地球の歩き方」より引用。

【ビザ】日本人は15日以内の滞在について、基本的にビザは不要。
ただし、16日以上の滞在および特殊な旅行をする者はビザが必要。
なお、渡航目的によってビザの種類が異なるので注意。
一般的な観光の場合は30日間の観光ビザ(Lビザ)。

[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-20 02:00 |

シリアもビザが必要?

ヨーロッパからエジプトまで、航路がないとすると、
地中海沿いの国をぐるっと通って行くしかない。

トルコ、シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプトの順でいいのかな。

ちょっとインターネットを検索したらすぐ出てきたのが、
「イスラエルの入国印があるとシリアとヨルダンに入国できない」
という情報。

どうやら現在もそうみたいなので、
イスラエルを避けないといけないのかな。
ヨルダンからエジプトに渡る船はあるみたい。

イスラエル入国の際、
「頼めば別紙に入国スタンプを押印してもらえる」という情報もある。
なるほど、パスポートに証拠が残らないのか。
それはそれで、ちょっと寂しい気がする。

もう随分前だけど、ベトナムから中国まで列車で移動したとき、
入国スタンプが別紙に押印されて、出国の際に取られたような気がする。
あれ、なんの為だったんだろう。
未だに謎。

ヨルダンのビザは国境で取れる、とのこと。
それは有り難い。

シリアは事前のビザ取得が必要っぽいなーと思ってたんだけど、
いま「国境で取れた」という2009年の情報を発見。
あら、そうなの。

やるべきことが1つ減った。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-18 02:00 |

ロシアとモンゴルのビザ

外国を旅行するのに必要な物はパスポート。
そして行き先の国によってはビザ。

今まで何度かビザ申請をしたことはある。
旅行者ビザとしては、中国、ベトナム、カンボジア、ミャンマー。

あとは、タイの学生ビザを一か八かで申請して、
幸運にも発給されたことがある。
最後に、英国に来るきっかけとなったワーキングホリデー・ビザ。

これくらいかな。

一番面倒くさかったのは、断トツで英国ビザ。
申請用紙が、確か14ページあった。
過去の犯罪歴を書かなくてはいけない欄があって、
「交通違反も含む」とあったせいで、赤切符の翻訳までした。

結果として無事に発給されたから報われたものの、
高い申請料金まで支払って審査に通ってなかったら目も当てられない。

今回、シベリア鉄道に乗るのなら必要となるのがロシアビザ。
これがまた、ちょっと面倒な感じ。

なんでも、まずはホテルを予約し、
その予約証明書を添えないことには申請が受け付けられないとか。

気の向くままに旅行しにくい国だ。

今の段階では、ロシアにいつ到着するのかなんて分からない。
でもイギリスにいる間に申請しないといけない感じがする。
そのあたり、どうしたらいいんだろう。
調べないといけない。

ホテルの予約は絶対なのか?
予約した日に行けない場合は?
余裕を見て予約しておき、手前の国で待機?
逆に間に合わない場合は?

今回は、モスクワから北京まで乗ろうと思っている。
シベリア鉄道の本線はモスクワ〜ウラジオストクなんだけど、
支線があって、北京までも行けるのだ。

その場合は、モンゴルを通るのでモンゴルのビザも必要となってくる。

そろそろ焦らないといけない。
こういうのが、旅の前の楽しみでもある。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-17 02:00 |

プランB

実は、以前一緒に働いていた同僚が、年末に帰省する。
彼はアルバニア人なので、アルバニアまで帰るんだけど、
去年の年末も、今年の夏も車で帰省してた。

これは、乗せてと頼まない手はない。

ヨーロッパを車で駆け抜けるなんて、楽しそう。
アルバニアまで行けばエジプトはかなり近づく。
あとは自力でギリシャなりトルコまで行って、
エジプトまで船でいけそう。

まあ、そうは問屋が卸さない訳で、
同僚に打診してみたところ「今回は飛行機」とのこと。
そしてヨーロッパとエジプトを結ぶ航路も現在はないらしい。

いきなり夢のような計画は変更の必要が出てきた。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-16 02:00 |

出発2ヶ月前の予定

さて、イギリス出発まで残り約2ヶ月。
現段階での予定、希望は以下。

・飛行機をなるべく使わないで、英国から日本まで帰る。
・シベリア鉄道に乗る。
・スターバックスのシティマグを各都市で買う。
・エジプトに寄る。

過剰書きにしたら、とても簡潔。

4つ目のエジプトは、最初はまったく予定になかったんだけど、
知り合いから「よかったら寄りなよ」とお誘いを頂いた。
年末年始のホリデイでルクソールに滞在するらしい。

英国とエジプトは、離れていると言えば離れているけど、
大雑把に捉えれば日本との間に位置する。
滅多にない機会だし、可能ならば訪れてみたい国よね。

英国ーエジプトーロシアー日本

上記が今考えている、基本となる大まかなルート。
日程の制約として、
件の知り合いは1月8日までエジプトに滞在するそうなので、
その日までに到着しないといけない。
あとは特になし。

グーグルマップで地図を見てみたら、
エジプトはギリシアやトルコと海を挟んで南側にあるから、
これは航路があるんじゃないかと思って調べてみたけど、
どうやら現在、そういった航路はなさそう。

いまから準備するべきことが、色々あります。
[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-15 10:00 |

帰国します

初ブログ。

長いインターネット歴の中では、
ホームページを持って日記を書いたり、
SNSで日記を書いてみたり、
最近は twitter でもつぶやいてみたり。

このエキサイト・ブログでは、
数ヶ月後に予定している日本帰国までのことを書こうと思う。

2009年秋現在イギリスに居るのですが、
今年のクリスマスの時期に日本に帰る予定でいます。

もう少し長く滞在したい気持ちはあるのだけれど、
労働許可などの問題がクリアできない。
条件のいいフラットと仕事があるのに、惜しい。

日本まで飛行機を使わずに帰ってみようと思い始めた。
そう、あの世界一長いシベリア鉄道に乗るのだ。

今日はブログの登録などで夜も遅いので、続きはまた次回。



[PR]
# by southend-on-sea | 2009-10-15 01:00 |

最新の記事

再びパリ
at 2011-01-29 22:00
大阪港での通関
at 2010-04-11 00:00
その後
at 2010-04-02 10:00
上海はグーグルで移動
at 2010-03-24 13:00
大阪!
at 2010-03-22 16:00
ラストナイトは上海で
at 2010-03-20 11:00
港街上海
at 2010-03-18 18:00
八達嶺長城に行ってきました
at 2010-03-16 19:00
杏仁豆腐と鳥の巣
at 2010-03-15 13:00
天安門と紫禁城
at 2010-03-13 22:00
シベリア鉄道・クラシック
at 2010-03-12 12:00
シベリア鉄道にて/9
at 2010-03-11 20:00
シベリア鉄道にて/8
at 2010-03-11 12:00
シベリア鉄道にて/7
at 2010-03-10 23:00
シベリア鉄道にて/6
at 2010-03-10 22:00
シベリア鉄道にて/5
at 2010-03-10 20:00
シベリア鉄道にて/4
at 2010-03-09 18:00
シベリア鉄道にて/3
at 2010-03-08 17:00
シベリア鉄道にて/2
at 2010-03-07 23:00
シベリア鉄道にて/1
at 2010-03-06 15:00

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧