S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ルクソールからハイファの道程

7日からの道を地図にポイントしてみました。
うまく見えるのでしょうか。

7日夜/ルクソール発(夜行列車)
8日朝/カイロ着(ピラミッド見学)
8日夜/カイロ発(夜行バス)
9日朝/タバ着/国境越えてエイラート
9日昼/エイラート発(長距離バス)
9日夜/ハイファ着

10日はハイファの宿でのんびり。
今日は11日です。
やっぱりキプロス島へのフェリーに乗ろうと思う。


[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-11 11:00 |

2010年最新カイロ情報

ギザのピラミッドからカイロ市内へ向かうバスの乗り方だけど、997と913がタフリール広場という場所の近くを通るようです。

今回の問題点としては、エジプトの地図やガイドブックの類いを一切持っていないこと!
なのでこんなに必死に書いてるけど、実は地球の歩き方に載っている情報かもしれない…

ピラミッドの出口を出て、目の前の道をまっすぐ、タクシーの勧誘を全部断りながら5分くらい歩くと大通りに出ます。
反対車線側に渡るとバス停があるので、そこで気長にバスを待ってると、緑っぽいバスが来ます。

問題はアラビア文字でしか路線番号が書かれていないこと。
わたしはその辺の人に聞きまくって「あ!来た来た!あれあれ!走れ!」と教えてもらえたんだけど、数字だけでもアラビア文字を覚えておけば便利だと思う。
997は「qqv」みたいに見えて(٩٩٧)913は「q17」(٩١٣)みたいに見えるんだけど…電話番号とか路線番号などに限っては左から右に表記されるのかな??
括弧の中のアラビックは、合ってるかどうか自信ありません。

バスに乗って座っていたら車掌さんが料金を徴収しに来るので 0.5 ポンド支払います。「タフリール・スクエア!」と車掌さんに言うと、手前で教えてくれて「あっち」と指差してくれました。意外になかなか英語が通じないのが面白い。

タフリールスクエアがどこかも実はよく分かってないんだけれど、ピンク色をしたカイロミュージアムがありました。

ちょっと隠れたところにマクドナルドがあったので、マックフルーリのキットカット味を注文。目当てはもちろん無料 Wi-Fi でインターネットをすること。11エジプシャンポンドで3時間インターネットをしました。電源も使わせてもらったので自分のパソコンでイスラエル行きのバス情報を検索。

並びのピザハットも無料 Wi-Fi 飛ばしてるって書いてましたのでお腹空いてる方はそちらもいいかも。

さて、カイロ発タバ行きのバスですが、バスターミナルは Turgomen Garage だそうです。「トルゴメーン」と聞こえます。荷物も重いのでメトロに乗ってみました。どこまで行っても1ポンドなんだけど、今回は2駅で下車。ミュージアムから歩けない事もないと思う。
メトロの最寄り駅は「 ORABI (オラビ?)」なんだけど、降りてからちょっと歩く。

オラビ駅のインフォメーションで「バスターミナルはどこですか」と聞くと「あっち!」と指差してくれたのでそっちの出口に出てみたけど、バスターミナルは見えず。

そこで交通整理しているお兄さんに「バスターミナルは!」と聞くんだけれども、英語がまったく通じず。

そこに通りすがったお兄さんに「バス!バス!」と言いながら車を指差して「Big One!」とか「トルゴメーン!」とか言ってると通じた!「トルゴメーン」は何度か言ってると通じる!メを強調して発音してみてくださーい。

「あっち行って右!」とゼスチャーで教えてくれたんだけど、自信がなかったようで違う人に聞いてくれて、実はまったく逆だった。

オラビ駅を降りて地上に出たら、大通りの交差点を背にして人気のない高架の方に向かい、高架の下で左に曲がって高架沿いに少し歩き、適当なところで道を越えるかたちで右側に曲がり、次を左に曲がると右手に大きな建物が見えてきます。
高架を渡った辺りでスーツケースやリュックなど大きな荷物を持った人が同じ方向に歩いていたので、トルゴメーン?と聞くと指差して教えてもらえました。

ただ、ここが地図上でどこにあるのかが分からない。
通りの名前がまず分からないので、どの道を歩いたのかが分からん。

「カイロ・ゲートウェイ・プラザ・モール」という大きな建物のなかにバスターミナルもチケット売り場もあります。

タバ行きのチケットは前日までに買うこと、という情報があったけれども、今日は今夜のチケットが問題なく購入できました。1日3便、06:00/09:30/22:15で、朝の2便が70エジプシャンポンド、夜行は80エジプシャンポンドです。22:15はタバに4時着とのこと。c0218992_16492122.jpg
[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-08 20:00 |

カイロに着きました

昨日の夜、ルクソールから列車に乗ってカイロに来ています。
朝、ピラミッドの最寄り駅で降りて、そのままピラミッドに直行しました。

メトロで働いているという男性が、バスの乗り場を教えてくれたので 0.5 エジプシャンポンド(8円!)でピラミッドに行く事ができた。
ラッキー!
タクシーだと交渉も面倒だし、絶対にボラれるのだ、この国は。

親切にもピラミッドからカイロ市内行きバスの番号まで教えてくれた。
997と913が、ミュージアムの近くまで行きます!
もちろん 0.5 ポンド。

そのあとブラブラ歩いて見つけたマクドナルドで、かれこれ2時間以上インターネットしています。
できれば今夜イスラエルのボーダーまで行くバスに乗りたいんだけれど、なかなかターミナルの情報が見つからなかった。
やっとさっき見つけたんだけれど、切符は前日までに買う必要があるとのこと。
もしかすると今夜はカイロ泊かもしれない。

10日にハイファを出港する船に間に合いたいんだけれど、無理かなー。
かなりギリギリなんだけれど、今夜のバスに乗れたら間に合うかもしれない。

そうそう、ピラミッド。
朝8時半くらいに到着したときは、霧がかかっていて寒かった。
道中も全然ピラミッド見えないし。
本当にここなの〜って感じ。

入場料を払って中に入っても、朝早かったからか人も少なく、いきなりスフィンクスが見えた!
スフィンクスだわー、と思って横に座ってチョコレートバーを朝ご飯代わりに食べていたら、霧が薄くなってきてピラミッドの頂点が少し見えた。

そんなに大きかったのピラミッド!c0218992_2347613.jpg

[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-08 16:00 |

ルクソールのお寺

3日、同行者のうち3人でルクソール観光に行って来ました。
残りの2人は前にもう行った事があるということでパス。

普段の旅行では特に積極的に観光スポットを巡る方でもないんだけれど、まあせっかくだしと思って。
「ツアーに申し込んだから!」ということで、なんとガイド付き。
とにかく話し続ける人でした。
エジプト訛りの英語、最初はがんばって聞いてたんだけど、途中でギブアップ。
そもそもわたしが歴史に疎いのが問題。
あとでウィキペディアで調べよう。

それでも、お寺やお墓は実際に行ってみると素晴らしい。
とにかく大きい!
出来た当時はどんな様子だったんでしょう。

不思議なことに、観光地では日本人をよく見かけるのに、街を歩いていても日本人に会わない。
カイロ空港からルクソール空港までのフライトも、日本人だらけだったので、少なからずの日本人がいるはず。
空港からホテルに直行して、そのあとは観光地にバスで直行するのでしょうか。

それにしても、日焼けしてきた。
1月なのに。

THE VALLEY OF THE KINGS -Three Tombs(撮影禁止のため写真なし!)

AL-DEIR AL-BAHARI TEMPLE
c0218992_1739219.jpg


HABU TEMPLE
c0218992_1742230.jpg


KARNAK TEMPLE
c0218992_18122875.jpg

c0218992_18171417.jpg


LUXOR TEMPLE
c0218992_18263856.jpg


いま、7日のお昼なんだけど、最初は6人だったのに2人になった。
今朝2人が大阪に向かって帰って行った。

わたしは今夜23時の列車でカイロに向かいます。
明日の朝カイロに着くので、ピラミッドを見るとして、そのあとどうしよう。

いま手帳を見たら、イスラエルからギリシャへの船が10日と14日にある。
ハイファに10日ってちょっと無理があるだろうか。
無理かな。

ちょっと地図を見て考えよう。
[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-07 11:00 |

サハラ砂漠

あけましておめでとうございます。

12月28日の朝から4泊5日でサハラ砂漠に行っておりました。
四駆に荷物を積んで、砂漠の真ん中でキャンプ。
シャワーもトイレもない5日間でした。
昨日の夜18時頃にルクソールに戻ってきています。

c0218992_22285923.jpg

実はまだ、自分たちがどこに行ったのか詳しく分かってないので、あとで地図を見ながら教えてもらいたい。

今回エジプトに来たのは、大阪の知り合いが年末年始をルクソールで過ごすのでよかったらどうぞと誘ってもらったから。
12月26日にわたしが来て、6人になった。
来てから知ったんだけど、わたし以外は全員が大阪に住む外国人。
一番長く大阪にいる人で10年、彼女は日本語がぺらぺらなので、久しぶりに日本語での会話を楽しみました。

c0218992_22304170.jpg

そういえば、わたしは1年半のイギリス滞在ですっかりブリティッシュ英語に慣れてしまった。
アメリカ人が2人いるんだけど、彼らの話す英語が本当に聞き取りにくい!
何度も聞き直してばっかり。

そしてわたしの英語もブリティッシュアクセントになっているようで、同行者達にウケる。
英語だとブリティッシュアクセントなのに、日本語だと大阪弁なのが面白い様子。

c0218992_22331155.jpg

砂漠の事も少し書こうかな。

シャワーがないのが、やっぱり大変。
髪の毛が短ければいいんだろうけど、わたしの髪の毛は長いのでゴワゴワになった。
櫛を持って行かなかったのも原因だと思う。

トイレがないのは最初はちょっと戸惑うんだけど、慣れたら平気になる。
高低差の加減で他の人から見えない場所に行く。

まったくの外に寝袋で眠るのも初めてだったけれど、思ったよりも快適。

辛いのは、長時間の車での移動。
朝から夕方までずっと移動の日もあったので、疲れました。
何もしてないのにね。

c0218992_22343774.jpg

砂漠は、本当に360度が砂や岩で、当然ながら誰も通らない。
夜になっても電気も見えない。

少々写真を載せますので、雰囲気が伝われば。
お昼は12月なのに本当に暑い!

日が暮れると寒いです。
コートを着て、たき火にあたり、熱いお茶を飲んでいました。

c0218992_22392450.jpg

[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-02 16:00 |

明日からサハラ砂漠

c0218992_1332572.jpg

やっと落ち着いて自分のパソコンでインターネットできる場所が見つかりました。

今日はルクソールに着いて2日目。
特に何をするでもなく、プールで泳いだりのんびりしています。

ナイル川がすぐ横に見えて、素敵な場所です。
1人で旅行していたら絶対に泊まらないような場所だけれども、まあたまにはいいかな。

c0218992_1351221.jpg


まだほとんど外を出歩いていないんだけど、今のところの印象としてはとにかくタクシーの客引きが多いということと、外では女性をほとんど見ないということでしょうか。

昼は、12月というのが信じられないほどの暑さ。
日が暮れると少し寒いです。

明日から、一緒に滞在している6人でサハラ砂漠ツアーに行ってきます。
4泊5日の間お風呂ないよ、とのこと。

なかなか行ける場所でもないし、行ってきます。

ルクソールまでの道中、時間があるときに書いていたメモもアップロードします。
時間順にアップロードするつもりですので、よろしかったら右側の一覧から探してみてください。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-27 18:00 |

エジプトの3つの空港をはしご

6時間かけてシャルム・エル・シェイク空港に到着。
今回のトムソンエアーは、機内での一切のサービスが有料だった。
飲み物も食べ物も、現金で支払う。
トムソンエアーに乗る方は食べ物を機内に持ち込むことをお薦めします。

機内でのイヤホンでさえ希望者はイヤホンセットを購入してということ。
まあ、その分チケット代が安いのだと思う。
チェックイン荷物も個数や重量によって課金されます。

トイレの横で、しかも後ろが壁だからリクライニングできないという条件の悪い席だったんだけど、前の席が空いているので移ってもいいですよと言ってもらい、なんと3シート独り占め!
わたしだけ3シートつかって横になることができました。
ラッキー!

シャルムエルシェイク空港でのエジプトビザは到着時に問題なく購入可能。
15USDとあったけれども、英ポンドでも支払いが可能で10ポンドでした。

入国審査では、一切の質問もなし。
入国カードとパスポートを提示したら、無言でスタンプを押してくれて終了。

出国審査のあと荷物を受け取り、出口のドアを進んだら外だった。
係の人に国内線出発ロビーはどこか聞くんだけれど、みんな「ここは到着ロビーだよ!」みたいな不思議な顔をする。

到着したんだから到着ロビーは分かってるんです。
「ここから国内線に乗りたい」というと、ターミナル1とのこと。
歩いて行けるからと教えてもらった通りに行くと、何もない普通の外の道。

そして風がぬるい。
もうあの凍える寒さのイギリスではなく、エジプトなんだなと実感し、パーカーとジャケットとマフラーを取った。

1つフライトを早めてもらい、21時15分の飛行機に乗り、22時半ごろカイロ着。
カイロの空港でもネットは繋がらない。

カイロで5時のフライトまで時間をつぶす。
本当に長くて、ベンチに横になっていてもなんだか邪魔がはいるので眠れない。
クリスマスが終わった。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-26 01:00 |

まさかの英国にてクリスマス

よく考えるもなく、明らかに最近なんだか事がうまく進んでない。

銀行の明細が届かなかった。
ロシアビザの申請が却下された。
パソコンの電源アダプタが壊れた。
鍵を部屋に置いたまま仕事に行って部屋に入れなかった。
ユーロスター運休でセントパンクラス駅で氷点下の6時間。
とにかく寒い。

ちょっと考えただけでこれだけ出てきた。
考え方によっては、電源アダプタに関してだけはイギリスにいる間に壊れてよかったとも言える。
あと、鍵に関しては自分が悪い。

ロシアビザは「ロシアには行くな」という宇宙の意思かもしれない。
でも、銀行明細とユーロスターは本当に災難だし、出費。

そういえば、セントパンクラス駅にある「ヨーロッパで最も長いシャンパンバー」も行けなかった。
3回目の挑戦にしてやっと発見したし、どれだけ長いかも確認したんだけど、行かなかった。

だって、あんな凍えるほど寒い中でシャンパンを飲もうと思う?
絶対に暖かいコーヒーとかスープの方が魅力的。

ちなみにシャンパンバーは特に分かりにくい場所にあるわけではなく、ただ発券機とチェックインの間にはないだけだった。
発車ぎりぎりに行って発券するやいなやチェックインして乗車していたので見つからないはずである。

場所は、2階です。
チェックインエリアの真上くらいにあります。
本当に長いし、真横にユーロスターを眺められる位置なので、優雅な旅の始まりにはぴったり。

さて。

今日は、先週末からの大寒波が過ぎ去ったのか、少し暖かい。
ウェブのお天気サイトによると現在摂氏5度。
5〜6度違うだけでこんなに違うのね。

部屋でインターネットが繋がらないので、いつものスタバに来ています。
エジプトのビザが空港で取れるのかどうかを確認したかったのと、ルクソールで会う予定の知人に電話しておきたかったので。

エジプトの到着空港は「シャルム・エル・シェイク国際空港」と読むことが分かりました。
ビザも取れるっぽいんだけれど、あまり情報がない。
「日本人は事前にビザを用意して行く人が多いので、情報があまりない」と書いている人がいらしたが、まったくその通りだと思う。

ご安心ください、わたくしが後日「シャルム・エル・シェイク国際空港でのビザ取得が可能かどうか」という限定された情報をこのブログに書きますので。
いつか誰かに役立つことを願って。

ルクソールに到着していると思われる知人にスカイプから電話してみたけれども、留守番電話になっていて繋がらない。
日本の携帯がルクソールで使えないのか、それともまだ飛行機の中なのか、どうなのか。
メールも届かないし。

まあ、滞在先の名前だけは聞いてるから、なんとかなるかな。
住所わかんないけど。

では、皆様よいクリスマスをお過ごしくださいませ。

Lovely Christmas to you all!! xxx
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-24 12:00 | 英国

ルクソールまで飛行機!

「飛行機を使わずに」と言っていたけれども、あっさりと飛行機を使うことにしました。
エジプトに知り合いが滞在するのは1月7日まで。
いまから陸路と航路だけで行ってたら、会えない可能性もある。

あ、当初予定していたアルバニアは件の元同僚とちょっとした口喧嘩をしてしまい、クリスマスに行くのは中止。
機会があれば、エジプトの後で個人的に行くかも。

エジプトまで飛行機だとかロシアビザとかアルバニアだとか、計画が面白いようにどんどん駄目になっていきます。

ということで、昨日の午後くらいからエジプト行きのフライトを探していたんだけれど、やっぱり直前に買おうとすると選択肢が限られるし、高い。

ロンドンには、主要な空港だけで4つある。
ヒースロー、ガトウィック、ルートン、スタンステッド。

当然エジプトにも空港はいくつかあるわけで、経由便も考えたら組み合わせは無数にある。

そんな中で役に立ったサイトは、スカイスキャナーという以下のサイト。
出発地と目的地を選択すると、直行便と経由便の価格を出してくれるんだけれども、便利だなと思ったのが、出発地と目的地の選択肢に「どの空港でも」というのがある。

これが本当に今回は役に立った。
「ロンドンのいずれかの空港からエジプトのいずれかの空港まで」という検索ができるし、日程も出発日を指定することもできるし、指定した月や年の価格を一覧で見る事もできる。
便利!
旅行会社の人もこんなシステムを使っているのかしら、と思いながらカチカチと検索。

いま再度チェックしてみたら、なんと日本語での表示にも対応していました…
英語だけだと思ってた。
検索するだけでも楽しいので、ご興味のある方は是非。

skyscanne
http://www.skyscanner.net

部屋のインターネットでは遅いので、今日は昼からスターバックスにパソコンを持ち込んで飛行機を検索。
2時間くらいしたところでエラーが出て接続できなくなってしまったため、場所をマクドに変えたんだけど、入り口のドアが開くたびに冷気がきて寒かった!
それとも冬なのにマックフルーリを食べたからかな。
2階席にすればよかった。

もう、ありとあらゆるサイトを検索して、新しい空港コードも勝手に覚えてしまった。
ほらあの、関空が KIX とかで表示されてるアルファベット3文字の。

今回、探しに探して、最終的に購入したフライトが以下です。

----------------------------------------------------------------------

25/12/2009
London Gatwick(LGW)10:15 >>> Sharm El Sheikh(SSH)17:30

25/12/2009
Sharm El Sheikh (SSH)22:45 >>> Cairo (CAI)23:45

26/12/2009
Cairo (CAI) 05:00 >>> Luxor (LXR)06:00

----------------------------------------------------------------------

え!3便も!

なんと、ロンドンからルクソールまで乗り継ぎ2回という…
日程と料金の関係でこうなっちゃった。

でも、これ全部合計しても215ポンドだったので、日本円にしたら3万円くらいだし、1ポンド100円の感覚でいくと気持ちとしては2万円くらいだから高くはないよね。

直前に買ってこれなので、前もって予約しておけば本当に安く買える場合が多いです。
イギリスで航空券買うと安い。

それにしてもこれ、待ち時間がけっこう長い。
1つめの経由地の空港、読み方が分からないから後で調べよう… Sharm El Sheikh という空港でまず5時間待ちで、次の経由地カイロでまた5時間待ち。

カイロからルクソールまでは電車にしようかとも思ったんだけれども、深夜着だしエジプト初めてなので勢いでもう飛行機にしました。
帰り道は列車で帰るよ。

しかも、極めつけがあって、ロンドンのガトウィック空港25日の10時発なんだけれども、クリスマス当日は公共機関がほぼ運休するため24日の夜から空港に行っておく必要があるということ!
前夜から乗り込むって、どれだけやる気十分なのよ。
気が重たいわ。

ロンドン市内の地下鉄は25日も限定的に運行する様子だけれども、ここサウスエンドからロンドンまでの移動手段がないのよね。
あったとしても、朝5時台にでないといけないだろうから、どっちもどっちだけど。
勝手を知らないロンドン、しかもガトウィック空港は初めてなので、終電で向かうというのも怖い。

夜9時だとまだ安全だろうということで、ヴィクトリア駅を9時頃に出る空港線の電車のチケットをオンラインで予約しました。
なんと、オンライン予約特典として、片道チケットが通常12ポンドのところ半額の6ポンド!
なんと空港バスより安い!
どうもバスが苦手で…

どなたに役立つのか分かりませんが、見つけた記念にリンクしておきます。
ロンドン市内からガトウィック空港に向かわれる方へ。
オンライン予約・決済にて6ポンドです。
駅の自動発券機にて発券できるようなので、プリンタを持っていなくても大丈夫。

SOUTHERN
http://www.southernrailway.com/

ということで、明日の夜にロンドンに向けて出発します。
ルクソールまで長いなー。

そういえばエジプトのビザなんてまるで取ってないけど、空港で取れるんだよね。
この、なんちゃらっていう読めない名前の空港でも取れるんだろうか。

なんでもエジプトのビザはシールタイプで、自分で購入してパスポートに貼るだけとどこかで読んだ気がするんだけど、念のために再確認しよう。

それではまた。

本日スターバックスへ向かう途中の道の画像でもご覧下さい。c0218992_638314.jpg


[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-23 22:00 |

ピラエウスからルクソールまでの大まかな計画

イギリスでのロシアビザ申請に失敗し、撃沈しました。
しかもパスポートはまだ相手の手中にあるという…

バークレイズ銀行から、お詫びの手紙が届いた。
オンラインで苦情を言ったからだと思う。
「返信はいりません」にチェックしたのに律儀だな。

気を取り直して、昨日はギリシアからルクソールまでのルートを検索しておりました。
知人がルクソールに滞在するのは1月7日までなので、遅れる訳にはいかない。
ちゃんと下調べをしておく必要があると思って。

アテネの近く、ピラエウスからフェリーでイスラエルのハイファまでは毎週月曜と木曜に便がある様子。
これに2泊3日。
ピラエウス夕方発で、ハイファに朝着。
12月28日発31日着か、31日発3日着のどちらかに乗りたい。

イスラエルからエジプトに抜けるには、多分ルートは1つしかない。
遠回りだけど、一番南の端を通るしかないんだと思う。
ハイファからエイラートという国境の街に向かうんだけど、せっかくなので可能な部分は鉄道を利用したい。

お暇な方は、グーグルマップでも開いてください。

船が着くハイファからベエルシェバという街まで鉄道で3時間ほど。
イスラエルの鉄道は時刻に正確だそうだ。

ベエルシェバから、エイラートまでは鉄道がないのでバスで行くことになると思う。
ハイファから、うまく行けばその日のうちにエイラートまで辿り着けそう。
無理だとしたら、ベエルシェバ泊。

そして、国境からカイロがまだ調べていないんだけど、多分バスだと思う。
カイロからルクソールは鉄道で10時間弱。

ものすごくうまくいけば、ハイファに到着した日にエジプトの国境まで行き、翌朝の朝イチで国境を越えてカイロを目指し、次の日の朝にはルクソールに到着できる?

31日にハイファについたとしたら、2日の朝にルクソール。
3日にハイファだとしたら、5日の朝にルクソール。

予定通りに進むとも思いにくいので、28日にギリシャ発の船に乗るのが良いだろうか。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-13 03:00 |

最新の記事

再びパリ
at 2011-01-29 22:00
大阪港での通関
at 2010-04-11 00:00
その後
at 2010-04-02 10:00
上海はグーグルで移動
at 2010-03-24 13:00
大阪!
at 2010-03-22 16:00
ラストナイトは上海で
at 2010-03-20 11:00
港街上海
at 2010-03-18 18:00
八達嶺長城に行ってきました
at 2010-03-16 19:00
杏仁豆腐と鳥の巣
at 2010-03-15 13:00
天安門と紫禁城
at 2010-03-13 22:00
シベリア鉄道・クラシック
at 2010-03-12 12:00
シベリア鉄道にて/9
at 2010-03-11 20:00
シベリア鉄道にて/8
at 2010-03-11 12:00
シベリア鉄道にて/7
at 2010-03-10 23:00
シベリア鉄道にて/6
at 2010-03-10 22:00
シベリア鉄道にて/5
at 2010-03-10 20:00
シベリア鉄道にて/4
at 2010-03-09 18:00
シベリア鉄道にて/3
at 2010-03-08 17:00
シベリア鉄道にて/2
at 2010-03-07 23:00
シベリア鉄道にて/1
at 2010-03-06 15:00

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧