「ほっ」と。キャンペーン

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

テッサロニキでロシアビザ取得

皆様、ありがとうございます!

なんと、なんと、2007年以降、居住国以外でのビザ取得はほぼ不可能と言われているロシアビザが居住国以外で取る事ができました。

ギリシャのテッサロニキにロシア領事館があります。
ありがたいことに国鉄テッサロニキ駅から歩けます。
コインロッカー代を節約するために、今日は荷物をすべて持っているんだけど、それでも歩ける距離です。荷物は多分10キロくらい。領事館の前にインターネットができるところを探しまわったので駅からの直線距離が分からないけど、そんなに遠くないはず。あとでオンラインのときにグーグルからのリンクを貼りますね。

テッサロニキでのロシアビザ申請に必要なものは以下。
・バウチャー
・写真1枚
・パスポート

申請書もウェブからダウンロードして持って行く方が良いとは思いますが、領事館でいただくことができました。
申請料はツーリストビザ即日発行で90ユーロ。

申請時間は午前9時半から午後1時までですので、お早めに。

今回はビザが発給されましたが、本来は90日以上滞在している国でしか申請できないため、発給される保証はありません。
が、取れたのは事実としてあるということです。

申請時のわたしのパスポートの状態は、2日前にアテネ空港での入国スタンプがあるだけです。90日も滞在していませんし、もちろんギリシャのビザはありません。旅行者として一般的なパスポートの状態だと思います。
領事館へは10キロの荷物をかついだまま行きましたから見た目で「旅行者です」という印象だったと思うんですが…

パスポートに関しても入国スタンプだけで働けるのか、といった質問はされませんでした。シェンゲン条約加盟国に対して日本人はビザがいるのかいらないのかも、向こうから質問されたくらいなので知らないのだと思います。特にそのあたりの状況を調べたりするという様子もありませんでした。

領事館でいただいた申請書は、ウェブからダウンロードできるものと違って、UKの申請用紙とほぼ同じでした。現住所と雇い主の情報を書く必要があるので、適当なギリシャの住所を2つ用意する必要があります。

即日発効でお願いしたので、領事館のドアを開けてから1時間もかからずビザを手にする事ができました。5日発行だともう少し安いのかと思いますが、わたしに5日待つ気分的余裕はありませんでした。

テッサロニキ ロシア領事館
http://maps.google.co.uk/
[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-15 17:00 |

アテネのロシア大使館情報

2010年1月現在、アテネのロシア大使館情報をここに。
わたくし自身はビザ申し込んでません。

メトロのライン3(青)で MEGARO MOUSSIKIS 駅に行き、10番のバス(トラム?電線と繋がって走ってる黄色い車体の)に乗り換える。
行き先は、読めませんでした。
アテネのセンターから離れる方向に大使館があります。

駅の出口が2カ所あるんですが、片側はちょっとした広場のようなエリアになっています。その広場からみて反対車線側を走るバスが大使館に向かいます。以前は450番という路線があったようだが、現在は廃止。

バスに乗って5分…もしかするともう少し長かったかも、10分ぐらいかな、ずっと走ってきた大通りの3叉路にて大通りを離れて右側の道に入ります。
そうすると次のバス停の右横に大きなヴォーダフォンのオフィスビルが見えますので、そのバス停で降ります。わたしは運転手さんに「ロシア大使館に行きたい」と伝えて降りるバス停で教えてもらう事ができました。

ロシア大使館はバス停の前のヴォーダフォンの裏手です。

申し込み受付時間が短くて、朝9時(8時半だったかも)から午後1時までとのことですので、お早めに。

申し込み時にはカラーの写真が2枚必要なのと、ロシア滞在1日につき2ユーロの医療保険を購入する必要があるそうです。30日でヴァウチャーを取得した人は60ユーロかかるということでしょうか…

ご参考まで
[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-15 11:00 |

エジプトの3つの空港をはしご

6時間かけてシャルム・エル・シェイク空港に到着。
今回のトムソンエアーは、機内での一切のサービスが有料だった。
飲み物も食べ物も、現金で支払う。
トムソンエアーに乗る方は食べ物を機内に持ち込むことをお薦めします。

機内でのイヤホンでさえ希望者はイヤホンセットを購入してということ。
まあ、その分チケット代が安いのだと思う。
チェックイン荷物も個数や重量によって課金されます。

トイレの横で、しかも後ろが壁だからリクライニングできないという条件の悪い席だったんだけど、前の席が空いているので移ってもいいですよと言ってもらい、なんと3シート独り占め!
わたしだけ3シートつかって横になることができました。
ラッキー!

シャルムエルシェイク空港でのエジプトビザは到着時に問題なく購入可能。
15USDとあったけれども、英ポンドでも支払いが可能で10ポンドでした。

入国審査では、一切の質問もなし。
入国カードとパスポートを提示したら、無言でスタンプを押してくれて終了。

出国審査のあと荷物を受け取り、出口のドアを進んだら外だった。
係の人に国内線出発ロビーはどこか聞くんだけれど、みんな「ここは到着ロビーだよ!」みたいな不思議な顔をする。

到着したんだから到着ロビーは分かってるんです。
「ここから国内線に乗りたい」というと、ターミナル1とのこと。
歩いて行けるからと教えてもらった通りに行くと、何もない普通の外の道。

そして風がぬるい。
もうあの凍える寒さのイギリスではなく、エジプトなんだなと実感し、パーカーとジャケットとマフラーを取った。

1つフライトを早めてもらい、21時15分の飛行機に乗り、22時半ごろカイロ着。
カイロの空港でもネットは繋がらない。

カイロで5時のフライトまで時間をつぶす。
本当に長くて、ベンチに横になっていてもなんだか邪魔がはいるので眠れない。
クリスマスが終わった。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-26 01:00 |

まさかの英国にてクリスマス

よく考えるもなく、明らかに最近なんだか事がうまく進んでない。

銀行の明細が届かなかった。
ロシアビザの申請が却下された。
パソコンの電源アダプタが壊れた。
鍵を部屋に置いたまま仕事に行って部屋に入れなかった。
ユーロスター運休でセントパンクラス駅で氷点下の6時間。
とにかく寒い。

ちょっと考えただけでこれだけ出てきた。
考え方によっては、電源アダプタに関してだけはイギリスにいる間に壊れてよかったとも言える。
あと、鍵に関しては自分が悪い。

ロシアビザは「ロシアには行くな」という宇宙の意思かもしれない。
でも、銀行明細とユーロスターは本当に災難だし、出費。

そういえば、セントパンクラス駅にある「ヨーロッパで最も長いシャンパンバー」も行けなかった。
3回目の挑戦にしてやっと発見したし、どれだけ長いかも確認したんだけど、行かなかった。

だって、あんな凍えるほど寒い中でシャンパンを飲もうと思う?
絶対に暖かいコーヒーとかスープの方が魅力的。

ちなみにシャンパンバーは特に分かりにくい場所にあるわけではなく、ただ発券機とチェックインの間にはないだけだった。
発車ぎりぎりに行って発券するやいなやチェックインして乗車していたので見つからないはずである。

場所は、2階です。
チェックインエリアの真上くらいにあります。
本当に長いし、真横にユーロスターを眺められる位置なので、優雅な旅の始まりにはぴったり。

さて。

今日は、先週末からの大寒波が過ぎ去ったのか、少し暖かい。
ウェブのお天気サイトによると現在摂氏5度。
5〜6度違うだけでこんなに違うのね。

部屋でインターネットが繋がらないので、いつものスタバに来ています。
エジプトのビザが空港で取れるのかどうかを確認したかったのと、ルクソールで会う予定の知人に電話しておきたかったので。

エジプトの到着空港は「シャルム・エル・シェイク国際空港」と読むことが分かりました。
ビザも取れるっぽいんだけれど、あまり情報がない。
「日本人は事前にビザを用意して行く人が多いので、情報があまりない」と書いている人がいらしたが、まったくその通りだと思う。

ご安心ください、わたくしが後日「シャルム・エル・シェイク国際空港でのビザ取得が可能かどうか」という限定された情報をこのブログに書きますので。
いつか誰かに役立つことを願って。

ルクソールに到着していると思われる知人にスカイプから電話してみたけれども、留守番電話になっていて繋がらない。
日本の携帯がルクソールで使えないのか、それともまだ飛行機の中なのか、どうなのか。
メールも届かないし。

まあ、滞在先の名前だけは聞いてるから、なんとかなるかな。
住所わかんないけど。

では、皆様よいクリスマスをお過ごしくださいませ。

Lovely Christmas to you all!! xxx
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-24 12:00 | 英国

ルクソールまで飛行機!

「飛行機を使わずに」と言っていたけれども、あっさりと飛行機を使うことにしました。
エジプトに知り合いが滞在するのは1月7日まで。
いまから陸路と航路だけで行ってたら、会えない可能性もある。

あ、当初予定していたアルバニアは件の元同僚とちょっとした口喧嘩をしてしまい、クリスマスに行くのは中止。
機会があれば、エジプトの後で個人的に行くかも。

エジプトまで飛行機だとかロシアビザとかアルバニアだとか、計画が面白いようにどんどん駄目になっていきます。

ということで、昨日の午後くらいからエジプト行きのフライトを探していたんだけれど、やっぱり直前に買おうとすると選択肢が限られるし、高い。

ロンドンには、主要な空港だけで4つある。
ヒースロー、ガトウィック、ルートン、スタンステッド。

当然エジプトにも空港はいくつかあるわけで、経由便も考えたら組み合わせは無数にある。

そんな中で役に立ったサイトは、スカイスキャナーという以下のサイト。
出発地と目的地を選択すると、直行便と経由便の価格を出してくれるんだけれども、便利だなと思ったのが、出発地と目的地の選択肢に「どの空港でも」というのがある。

これが本当に今回は役に立った。
「ロンドンのいずれかの空港からエジプトのいずれかの空港まで」という検索ができるし、日程も出発日を指定することもできるし、指定した月や年の価格を一覧で見る事もできる。
便利!
旅行会社の人もこんなシステムを使っているのかしら、と思いながらカチカチと検索。

いま再度チェックしてみたら、なんと日本語での表示にも対応していました…
英語だけだと思ってた。
検索するだけでも楽しいので、ご興味のある方は是非。

skyscanne
http://www.skyscanner.net

部屋のインターネットでは遅いので、今日は昼からスターバックスにパソコンを持ち込んで飛行機を検索。
2時間くらいしたところでエラーが出て接続できなくなってしまったため、場所をマクドに変えたんだけど、入り口のドアが開くたびに冷気がきて寒かった!
それとも冬なのにマックフルーリを食べたからかな。
2階席にすればよかった。

もう、ありとあらゆるサイトを検索して、新しい空港コードも勝手に覚えてしまった。
ほらあの、関空が KIX とかで表示されてるアルファベット3文字の。

今回、探しに探して、最終的に購入したフライトが以下です。

----------------------------------------------------------------------

25/12/2009
London Gatwick(LGW)10:15 >>> Sharm El Sheikh(SSH)17:30

25/12/2009
Sharm El Sheikh (SSH)22:45 >>> Cairo (CAI)23:45

26/12/2009
Cairo (CAI) 05:00 >>> Luxor (LXR)06:00

----------------------------------------------------------------------

え!3便も!

なんと、ロンドンからルクソールまで乗り継ぎ2回という…
日程と料金の関係でこうなっちゃった。

でも、これ全部合計しても215ポンドだったので、日本円にしたら3万円くらいだし、1ポンド100円の感覚でいくと気持ちとしては2万円くらいだから高くはないよね。

直前に買ってこれなので、前もって予約しておけば本当に安く買える場合が多いです。
イギリスで航空券買うと安い。

それにしてもこれ、待ち時間がけっこう長い。
1つめの経由地の空港、読み方が分からないから後で調べよう… Sharm El Sheikh という空港でまず5時間待ちで、次の経由地カイロでまた5時間待ち。

カイロからルクソールまでは電車にしようかとも思ったんだけれども、深夜着だしエジプト初めてなので勢いでもう飛行機にしました。
帰り道は列車で帰るよ。

しかも、極めつけがあって、ロンドンのガトウィック空港25日の10時発なんだけれども、クリスマス当日は公共機関がほぼ運休するため24日の夜から空港に行っておく必要があるということ!
前夜から乗り込むって、どれだけやる気十分なのよ。
気が重たいわ。

ロンドン市内の地下鉄は25日も限定的に運行する様子だけれども、ここサウスエンドからロンドンまでの移動手段がないのよね。
あったとしても、朝5時台にでないといけないだろうから、どっちもどっちだけど。
勝手を知らないロンドン、しかもガトウィック空港は初めてなので、終電で向かうというのも怖い。

夜9時だとまだ安全だろうということで、ヴィクトリア駅を9時頃に出る空港線の電車のチケットをオンラインで予約しました。
なんと、オンライン予約特典として、片道チケットが通常12ポンドのところ半額の6ポンド!
なんと空港バスより安い!
どうもバスが苦手で…

どなたに役立つのか分かりませんが、見つけた記念にリンクしておきます。
ロンドン市内からガトウィック空港に向かわれる方へ。
オンライン予約・決済にて6ポンドです。
駅の自動発券機にて発券できるようなので、プリンタを持っていなくても大丈夫。

SOUTHERN
http://www.southernrailway.com/

ということで、明日の夜にロンドンに向けて出発します。
ルクソールまで長いなー。

そういえばエジプトのビザなんてまるで取ってないけど、空港で取れるんだよね。
この、なんちゃらっていう読めない名前の空港でも取れるんだろうか。

なんでもエジプトのビザはシールタイプで、自分で購入してパスポートに貼るだけとどこかで読んだ気がするんだけど、念のために再確認しよう。

それではまた。

本日スターバックスへ向かう途中の道の画像でもご覧下さい。c0218992_638314.jpg


[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-23 22:00 |

ロシアビザ撃沈

今日ロンドンのロシアビザセンターから電話があった。
結果から言うと、ロシアビザは発給されなかった。
無念…!

まだロシア行きを諦めた訳ではないのですが、可能性は低くなった。
約2ヶ月、ヨーロッパ各国のロシア大使館でトライしてみます。

なぜダメだったかというと、現在わたくしが諸事情によりオーバーステイ中だから。
まったく駄目なのは承知しております。

なぜ先月、銀行明細が届かないのをあんなにイライラして待っていたかと言うと、滞在許可が切れる前に申し込みたかったからです。
まさかビザ申請時に「オーバーステイ中なんですが申請できますか」等と尋ねるわけにもいかず、シラッと申請したのですが、今日の電話でその辺りを聞かれました。

現在の滞在許可がなければ、ビザは発行できませんと言われました。
銀行の明細が銀行のミスで届かなかったから申請できなかったんです、どうしても駄目ですか、と食い下がりましたが、申し訳ないけれども、その事情はこちらでは考慮できない、とバッサリ。
まあ、当然です。

パスポートを受け取りにビザセンターまで来てください、と言われました。

今回分かったこととして、
イギリスでロシアビザを申請する場合は、直近90日間の滞在を指定された方法によって証明する必要があり、しかも申請時にも滞在許可があること。

学生やワーホリ等のビザがなくとも(入国スタンプだけの状態で)申請はできるんですか、と質問すると、できるとのことでした。
じゃあ、やっぱり明細さえ送られていれば、取れた可能性が高いということ。
ますます恨めしい、バークレイズ銀行。

ま、今からどうにもできないけどね。

電話を切ってからインターネットで2007年以降にロシアビザを旅行中に海外で取った人のブログや情報掲示板などを検索したんだけれど、かなり情報が少ない。
なんとかカザフスタンと、ギリシアのアテネで取れたという情報が見つかった。

カザフスタンは今回ちょっとルートから外れるし、カザフスタン入国にもビザが必要みたいなので今回はちょっとパス。
しかしアテネは通る。
まずは年明けアテネでロシアビザ申請に挑戦したいと思う。

取れますように。
だめだった場合のプランBも考えないといけないってことか。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-12 00:00 |

ロシアビザ申請と荷物の発送

2週間と5日待って、ようやく銀行明細が届いたので、やや遅すぎる感のあるロシアビザの申請と、帰国に伴う荷物の発送をお願いするためにロンドンに行ってきました。

昨日は夜中1時過ぎに仕事が終わって、帰宅したのが2時前だったので今朝はゆっくり寝たかったんだけど、8時半に起きて10時すぎの電車でロンドンへ。

ロンドン三越にクロネコヤマトのサービスカウンターがあり、郵便局から送るよりも随分と安いのです。

実は先日、郵便局に15キロの荷物を持って行ったところ、一番安い船便で120ポンドくらいと言われて仰天し、考えさせてって言って引き返してきたのよね。
値段を言う局員さんも、申し訳なさそうな顔をするほどの高額な料金!

クロネコヤマトでは25キロまで一律料金ということだったので、今日は25キロのスーツケースを引きずってロンドンまで電車に乗りました。
三越まで乗換えが2回、バリアフリーではない部分も多く、階段を根性で上り下り。

三越の店内は店員の方々が全員日本人なのではないかと思いましたが、どうなんでしょうか、不思議ですね。
わたしはこちらで日本語を話す機会がないので、ちょっと変な気分でした。
店内のインフォメーションも日本語表記なんですよ。

荷物は梱包していったつもりだったんだけれども、荷物の内容を詳細なリストにして提出する必要があるらしく、結局は全部開封してリストを作成することになりました。
DVDはタイトルをすべて書き出す必要があったのが驚きです。
そして自分が44本も梱包していたことにも驚きました。
まだ部屋に何本か残っているので50本はあることになる…。

本当はビザ申請を先にしたかったんだけれども、25キロのスーツケースを持ってビザ申請に行ってから三越に移動するという事は不可能だと思ったので、遠回りだったけれども先に三越に行きました。
リストの作成等に時間がかかり、三越を後にしたのが14時頃。

ロシアビザの申請は15時までなのですが、スーツケースが空になったのでものすごく移動が早く、楽でした。
アンダーグラウンドで、来た道を戻ります。

ロシアビザセンターのドアを開け、警備員さんにビザの申請をしに来たことを伝えると、オンライン登録が済んでいることを確認された上で番号札を渡されます。
待ち合いロビーにいる人の数の割には、待ち時間5分程度で順番がきました。

が、いきなり「あなたのこの状況ではロシアビザの申請はできません!」ときっぱり。
まあ、半分予想できていたので「そうですか」とは引き下がりません。
先日メールで問い合わせたところ、銀行の明細90日分があれば申し込めるという返事を得た、と説明します。

しかし向こうも負けずにダメと言い、ロシア語で隣の席のスタッフに何か聞いたりしてるんですが、やっぱりダメとのこと。

いまのわたしの状況でも銀行明細90日分で申請できるとメールで返信をもらったんですよ、と再度言い、銀行明細を渡しました。

担当のロシア嬢は渋々、じゃあコピーとって申請は受理しますと言って、裏のオフィスに消えて行きました。

でもなぜか、2ヶ月分のコピーでいい、って言うのよ。
9月23日〜10月22日/10月23日〜11月22日の2枚でいいって言う。
今日は12月9日だから9月23日からだと90日には少し足らないでしょう、その足らない分の明細をバークレイズ銀行が3週間もかかって郵送してきたんですよ!!
そこの分がいらないんだったら、3週間前に申し込みできたし。

コピーから戻ってきたロシア嬢に、それだと90日には足りないと思うので、こっちの明細も添付してください、と訴えた。

「今日は12月です。ここに9・10・11月の明細があるから必要ありません」

「でも、その9月分は実質1週間分しかないでしょう」

「 Doesn't matter. (関係ないですよ)」

「イギリス滞在90日分の証明が必要なのではないのですか」

「90日というか、3ヶ月です。」

「(90日が3ヶ月なのは分かる。)でもそれ2ヶ月分ですよ」

「9/10/11月で3ヶ月です。」

「…。」

「…そんなに添付したいのなら、してもいいですよ。」

「念のため、是非おねがいします。」

ということで、無理矢理に8月分の明細も押し付けるような形で添付してもらいました。
受け取りは1週間後、出国の間際に再度ロンドンに行く必要があります。

果たしてビザは発給されるんでしょうか。

ちょっと、現在の滞在ステイタスをあまり詳しく書けないのですが、大人の事情ということでお察しくださいね。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-09 23:00 |

バークレイズ銀行

イギリスを出国するまで、残り約2週間となった。
いたって普通の日々。

ロシアビザは、もうどうしようもない。
一応トライしてみるけれども…
運が良かったら発給されるかもね。
申し込み以前の段階で停滞しております。

というのも、ロシアビザ申請は基本的に国籍のある国で申請しないといけない。
最近になって制度が変わったようで、数年前までは北京やバルト3国でも問題なく取れたと色々なサイトに書いているんだけど、2009年現在、日本人は基本的に日本でしか申請できない。

ただ、日本以外に90日以上滞在している場合はその国でも申請できるとのこと。
わたしも英国に90日以上滞在しているので申請資格があるのだけれども、90日以上の滞在を証明しないといけない。
証明する方法がビザセンターより指定されていて、今回は銀行の明細を90日分提出することにしたのです。
が、運悪く手元に明細が90日分なくて、足らない分を銀行に発行してもらえるようにリクエストしに行ったのです、口座のある支店までバスに乗って。
対応してくれた行員さん曰く「配達には通常5〜7日、最長で2週間」ということだったので「5日だと本当に助かります、なるだけ早くお願いします」とリクエスト。

で、約2週間まったく音沙汰なし。
毎朝階下の集合ポストを覗きに行ってはがっかりする毎日。
もう待てない、と思ってバークレイズ銀行のお客様ダイアルみたいな番号に電話してびっくりしたのが依頼してから1週間と6日目。今週の水曜日。

わたし「先々週の木曜日に明細の発行をリクエストしたのですが、まだ届かないのです。いつ頃届くのか教えていただけませんか」

バークレイズ「口座情報を教えて頂けますか。…えーと、そのようなリクエストはコンピュータ上では見当たりません。もう1度リクエストなさいますか?」

もう、それを聞いて本当にがっかり。
帰国間際の貴重な2週間を無駄に待ったっていうこと。

そのあと、気を取り直して、改めて明細をリクエストした。
6日以内に届きます、と言われたけれども本当だろうか。
もしかすると6日以内に支店でリクエストした明細も届く可能性もあります、とのこと。
そして預金口座を薦められるままにイエスと言って開設して、電話は終わった。

でもやっぱり納得がいかなくて、次の日バークレイズ銀行のサイトから「本当に失望しました」という内容で苦情メールを出した。
それでもなんだかすっきりしない。

電話して3日後の土曜日、バークレイズ銀行から郵便物が届いていた。
今度こそ明細だと思い、出勤時だったので歩きながら開封してみると「預金口座開設のお礼」だった。
嫌がらせか。

仕事が早いな、バークレイズ銀行!!
やればできる!!

礼状はいいから、その手際の良さでもってわたしの明細をどうかどうか早く送ってください。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-12-07 09:00 | 英国

ロシアビザ申請失敗

月曜日、ロンドンまでロシアビザ申請しに行ったんですが、結果としては申請できませんでした。
もう色々なことが駄目だったので、来週の休みに再び申請しに行きます。

まず在英ロシア大使館のウェブサイトでビザ申請書類について調べてみると、必要事項を入力してこちらで印刷もできます、とのこと。

ここでまず問題が。
ビザは有効期間の3ヶ月前から申請できると書いてあったけれども、正確にはそれは90日前だということ。
月曜日は11月16日で、ビザ・インヴィテーション(以下、招聘状)の入国日は2010年2月15日に指定した。
ちょうど3ヶ月前だと思ったら、まさかの92日前。
92日前では申請書類はシステム状作成できないようになっていた。

これはまずい。
でもまあ、行けばなんとかなるかと思った。
受け取りが2日遅れてもいいですから、と言おうとか暢気に考えていたのです。
色々なサイトには3ヶ月前から、としか書かれていないので、ここは要確認。
日本の大使館ではまた状況も違うかもしれません。

ゲット・ラッシャンで新しく招聘状をオーダーしようかとも思ったけど、即時発行で20ポンド。
なんだか馬鹿らしい。

ま、とりあえず行くだけ行ってみようと思い直し、
招聘状を印刷してもらうために近所のインターネットカフェに行ったら、開いてない。
11時開店だから11時まで家にいたのに。

歩いて15分くらいの場所にある別のネットカフェでプリントアウトしてもらえたけど、ここで既に時間ロス。
ここの店なら、もっと早くから営業してただろうし。

なんだかついてないなと思いながら近所の駅に向かい、そこからロンドンへ1時間弱。
終着駅のリヴァプール・ストリート駅には13時くらいに着いた。

そこからロシア大使館へアンダーグラウンドに乗り換えて向かう。
ところが最寄り駅と思っていた駅を電車は停車せずに素通り。
工事中だったのだろうか。
戻った方が近そうだったので、次の駅で逆方向に乗り直した。
ここでもまた時間ロス。

そのあとがまたまた大変で、思った場所に大使館も受付センターもない!
住所をちゃんとメモしておくべきだった。
大使館と受付センターは道を挟んで向かい合っているとグーグルマップで示されていたんだけど、ポイントされた場所を見て、地球の歩き方から切り取ったロンドン地図の上で「ここ」と確認だけして家を出てきてしまった。

こりゃだめだと思って、ちょうど歩いていた駐車違反取締中のジェントルマンに道を尋ねてみた。
彼なら毎日この辺りを歩いているだろうから知ってるだろうと思って。
そうしたら、なんと駅からわたしが歩いてきた道にあるという。
大通りまで戻って、右に曲がったらありますよ、とのこと。

お礼を行って、来た道を戻る。
すると道に面したドアの前に4〜5人の人が見えた。
ここかな、と思って覗いてみると「ビザは隣のドア」というような張り紙が。
安堵して隣のドアに行ってみるとまさかの「チェコ・リパブリック」の文字。

ここはロシアではなくてチェコ共和国のビザ受付ではないか!!

もうどうしたらいいか分からなくなった。
駅に行ったら地図があるかもしれないと思いつき、通過で降りられなかった駅に行ってみた。
地図はなかったけど、係員の人が立っていたのでダメもとで聞いてみた。

すると、なんと駅周辺地図を出して教えてくれた!
ロシア大使館、なんとチェコ共和国のビザ受付の少しまだ先にあったのだ…
てっきり駐禁取締のお兄さんが勘違いしたと思っていたのに、早とちりはわたしだった。

駅の係員さんは駅周辺地図を持っていっていいよと渡してくれた。
もう何度往復したことか、という道を早歩きで戻りり、ついにそれらしき建物を見つけた。

鉄製の回転扉があって、押しても回らない。
あれ、ってがちゃがちゃしていたら、警備員さんがやってきた。

ビザを申請したくて来ました、と言うと、
「現在ビザ申請はこちらで受け付けていません」とのこと。

「こちらにビザ受付センターの地図がありますから、明日申請してください」と言われた。
今日申請したいんです、と言うと、
「受付は3時まで、今2時半、ここから30分かかります」

そう、目の前にあったロシア大使館を通り過ぎてウロウロしている間に2時半になっていたのだ。
渡された地図を見て最寄り駅を確認してみると、なんとリヴァプール・ストリート駅のすぐ近く。
なんて非効率な!

今日はすべてうまく行かない。

しかも、大使館の壁には「ビザ申請書はインターネットからプリントアウトしたものに限ります」との張り紙が。
今日は申請できないなと悟ったんだけど、ビザ受付センターに行ってみることにした。
申請資格を満たしているかどうかくらい教えてくれるかと思って。

リヴァプール・ストリートからの来た道をほとんど戻り、ビザ受付センターの最寄り駅まで行くと3時5分前だった。
本当にきっちり30分。

渡された地図が、グーグルマップから切り取って貼っただけの簡易な地図で、縮尺も載っていないのでもう何が何だか分からない。

また少し迷いながら辿り着いたビザ受付センター。
ちょうどビザ受取の時間らしく、人気はあまりなかった。
警備員のお兄さんが用を聞いてくれたので、ビザに関して質問がありますと言ったら、今日はもう担当者が帰っていないので、ホームページを参照するようにと言われた。

ホームページ!
ビザ受付センターが移転していることも更新されていないホームページを参照しろですって!と思ったけど、素直にOKと答えておきました。

来週、もう1度出直します…
[PR]
by southend-on-sea | 2009-11-18 18:00 |

ロシアビザの進捗状況

最近の進捗状況として、ロシアのビザをそろそろ申し込もうと思う。
本当ならもう申請していてもよい時期なんだけど、カフェのお手伝いをしているため、ロンドンのロシア大使館に行く時間がない。
しかし、もう時間もないので来週の平日の休みにロンドンに行こうと思う。

ロシアビザの申請にはパスポートだとか写真だとか、それらに加えてビザ招聘状( Visa Invitation )というものが必要。
これは、旅の日程表のようなもので、ロシアをどのように旅行するのか確認するものらしい。
具体的には、鉄道や宿泊先からの予約確認などが記されているらしいんだけど、そうするとロシアは計画通りにしか旅行できない国ってことになる。

この日とこの日はこのホテルに宿泊して、この日からこの日まではシベリア鉄道です、といった感じのレターなんだと思う。

わたしは今回、エジプト経由でロシアに行こうと思っているので、ロシアに到着する日はまだ未定。
だいたい2月上旬くらいかなと思ってるんだけど…

と思ってたら、先日も少し書いたように、この招聘状だけを作成してくれる会社があることが分かった。
いくつかあるみたいだけど、今回は「ゲット・ラッシャン」という会社にオーダーしてみようかと思っています。

GetRussian
http://www.getrussian.com/


ここはメールで24時間以内にレターを送ってくれるようなので、それを印刷してロシア大使館で申し込みすればよい。
他の会社はファックスで送るとあったので、ファックスを誰かに借りないといけないのが問題だったんだけど、メールだと有り難い。
プリンタも持っていないんだけど、そこらのネットカフェを数軒あたれば出力してくれるお店はあると思う。

ただ、メールでいいの?とも思うんだけど、どうなんでしょう。
FQAにはなんとも曖昧な回答で「原本は要求されない限りメールのプリントアウトやファックスで問題ない」といった感じだったような。
要求される場合もあるってことでしょうか。

モンゴルのビザも必要なんだけど、これはロンドンで申し込まなくても、エジプトやロシアなどの第3国で申し込む事は十分に可能なので、とりあえず先送り。
[PR]
by southend-on-sea | 2009-11-12 17:00 |

最新の記事

再びパリ
at 2011-01-29 22:00
大阪港での通関
at 2010-04-11 00:00
その後
at 2010-04-02 10:00
上海はグーグルで移動
at 2010-03-24 13:00
大阪!
at 2010-03-22 16:00
ラストナイトは上海で
at 2010-03-20 11:00
港街上海
at 2010-03-18 18:00
八達嶺長城に行ってきました
at 2010-03-16 19:00
杏仁豆腐と鳥の巣
at 2010-03-15 13:00
天安門と紫禁城
at 2010-03-13 22:00
シベリア鉄道・クラシック
at 2010-03-12 12:00
シベリア鉄道にて/9
at 2010-03-11 20:00
シベリア鉄道にて/8
at 2010-03-11 12:00
シベリア鉄道にて/7
at 2010-03-10 23:00
シベリア鉄道にて/6
at 2010-03-10 22:00
シベリア鉄道にて/5
at 2010-03-10 20:00
シベリア鉄道にて/4
at 2010-03-09 18:00
シベリア鉄道にて/3
at 2010-03-08 17:00
シベリア鉄道にて/2
at 2010-03-07 23:00
シベリア鉄道にて/1
at 2010-03-06 15:00

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧