S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

モスクワに行く前に

昨夜の「血の上の救世主教会」のお昼の姿も見ておこうと思って、行ってきた。
今日はちょっと寒い。



今日のサンクトペテルブルグは、昨日よりも少し低くマイナス3度とのこと。
これくらいなら、寒い方が良いということが分かった。0度を越えると雪が溶け出すので、路面がぐっちゃぐちゃになって歩きにくい。

サンクトペテルブルグで泊まっているのはソウル・キッチン・ホステルってとこ。

Soul Kitchen Hostel
http://www.soulkitchenhostel.com/

一番安い10ベッドルームで450ルーブルと、今回の旅の中ではとても安い。
朝食、リネン代など全部込み。

朝食はパンとシリアルという簡単なものですが、あるのとないのでは大違い。
洗濯機も無料。
あとは、シュードライヤーという初めて見る物がお借りできる。

靴の中に入れて、靴を乾燥させる。
これは雪の国のプロダクトだなと思いました。
ちょっと画像が暗いけど、写真撮りました。



あと有り難いのが、フレキシブル・チェックイン/チェックアウトということで、繁忙期ではない現在、特にチェックアウトの時間は気にしないでということ。
なので、今夜は泊まらないというのに、夜9時を過ぎた今も短パンでラウンジにおります。
これ、本当にありがたい。

だいたいのホステルは、チェックイン後も荷物は無料で預かってくれるけれども「居てもいい」なんてなかなかない。キッチンやシャワーなどの設備もどうぞ、と言ってくれたほど。

他にも、モスクワのホテルをここから予約したら5%オフとか、色々とたくさん特典があるのでお薦めです。

今は、北京のホステルを検索してたんだけど、1泊3ユーロ未満の宿があるわ。ヨーロッパの価格に慣れてしまった今、ものすごい価格に感じられるんだけど…

タイを旅行してたときも、1泊120バーツくらいで泊まってたと思う。東南アジアは今でも3ドルで泊まれるのでしょうか。

北京、3ユーロかー。
すごい!

さて、そろそろモスクワの夜行列車に乗るために準備します。

モスクワのホテルは、チョコレート・ホテルっていうところを、ここから予約してもらいました。
最低価格よりはちょっとだけ高いんだけど、スタッフの女性お薦めということと、チョコの無料サービスがあるかもということと、バスタブがあるということで、決めました。

最後にお湯を張ったお風呂に浸かったのはルクソール、2ヶ月前。
しかも、モスクワを出ると7日間はお風呂どころかシャワーもない。
熱いお湯に浸かりたい、日本人だもの。

といっても15ユーロ程度、プチ贅沢です。
[PR]
by southend-on-sea | 2010-03-03 22:00 |

洗濯が無料

ストックホルムまで来た。
ブリュッセルからは飛ばし気味だけど、でももう25日。
来週からは3月だから、急がないと。



今日は金曜日、ストックホルムから出るフェリーの乗船料金が週末料金で高いので1泊することにした。ブリュッセルから夜行バスで2泊したからちょっと疲れてるし。

ストックホルムにはほぼ定刻通りの6時半頃に到着。
ターミナルで見当をつけていたホステルまでの道を確認しようとベンチに座ったら、ちょうど後ろにフェリー会社のオフィスがあった。ロンプラの地図にオフィスの位置情報があったけど、ここにもあるんだ。

営業が8時からということなので、先にメトロでホステルまで行く事にする。

このホステル、多分ストックホルムでは最も安い部類に入ると思う。ホステルブッカーズなんかではもうちょっと安い宿も出るんだけど、リネン料金が別途だったりで、合計するとここが安い。

ただ、飛び込みで泊まる事が難しい。
昼間はスタッフがいるんだけど、チェックイン業務などはしていない。

すべてオンラインで事前に予約と支払いをし、ホステル入り口のコードと、部屋番号、ベッド番号、部屋のドアを開けるコードがメールにて届く仕組み。
ハイテク!

チェックインというか、部屋に入っていいのが16時からなので、朝は荷物だけ置かせてもらって出かけてた。
15時過ぎにホステルに戻って、ロビーで16時までインターネットでもしながら時間をつぶそうと思ってたんだけど、スタッフの女性が出てきてくれて「部屋に入ってもいいですよ!」とのこと。

やった!嬉しい!

ここのホステルは無料 Wi-Fi あり。
パソコン持参していなくてもロビーに共用パソコンが1台あるし、他にもドライヤー、冷蔵庫、レンジの設備がある。近所のスーパーでお買い物して外食代を浮かす事も可能。
そしてお茶とコーヒーも無料。

そしてなんと、特筆すべきは洗濯機と乾燥機が無料で使えるということ。
素晴らしい!
というわけで再度リンクしておきます!

ACCO HOSTEL
http://accohostel.com/

3時半に部屋にいる人も少ないので、洗濯機も空いている。
薄手のワンピースを洗濯中に着るのに残して、もう、手持ちの服を全部ごっそり洗濯した。
ジーパンを最後に洗ったのはルクソールだし、ほかの服も基本的には手洗いで頻度は低いので、2ヶ月分の汚れはすごかったはず。

すっきり!

洗濯中に自分もシャワーを浴びた。
実は、前回のシャワーはなんとパリ!
ブリュッセルは眠たすぎて、シャワーを浴びる時間がなかったの。

さてさて。

今日はチェックインまでの時間に、バスが到着したターミナルまで歩いて行ってフェリーの予約をしてきた。

ストックホルムからヘルシンキまで、一番安い船室で 520 kr だった。80ユーロ相当を予想していたので、思ったよりも安い。ユーロにすると、60ユーロくらい、多分。

予約したときに、カウンターのお姉さんがヘルシンキのガイドを下さったのだけれども、なんと日本語版!予約時にパスポートを提示したからだと思うんだけれども、なんという心遣い!

It's written in Japanese!

Yes. Maybe easier for you.

Much much easier!!

ということで明日土曜の夕方に出港して、日曜の朝にはヘルシンキです。
フィンランドだ!

やばい、やっぱりあんまり時間ないわ。
モンゴル寄る時間も、ビザ申請してる余裕もない。

日曜の朝にヘルシンキに着いて1泊して、月曜の夜にサンクトペテルブルグ行きの列車に乗ろうと思ってたんだけど、予想してたよりも列車はない。
いまタイムテーブルを見たら、1日3本。

てっきり1〜2時間に1本あるんだと思ってた。あれれ。

イスラエルで会ったフィンランド人兄弟の兄と、よかったらヘルシンキでコーヒーでも、と言っているのが月曜で、でも月曜の夜の列車に乗るとサンクトペテルブルグは深夜2時着、かなり嫌な時間。
ヘルシンキで2泊して火曜の朝に出ても日程的には変わらないんだけど、ヘルシンキの宿代が余計にかかる。

まあ、どっちにしろ2日(火)の早朝か昼間にサンクトペテルブルグ着で、5日(金)の夜までに絶対にモスクワ発のシベリア鉄道に乗らないとダメ。

2/3日をサンクトペテルブルグで、4/5日をモスクワと、それぞれ2日ずつの滞在が妥当。

あらー。
今インターネットも電源も使えるし、ホステル全部予約してしまおうかな。
ロシアだけに、ちょっと焦る。

そういえば、モスクワで記録的な雪と教えてもらい、それも不安。
60センチの積雪だとか。

ええ!?
[PR]
by southend-on-sea | 2010-02-26 21:00 |

豪雪ストックホルム

朝の6時半、ストックホルムに着きました。
雪がコペンハーゲンよりもドッサリ積もっていて「これは絶対に寒い!」と思ってバスを降りたらそうでもなかった。
インターネットで見ると、0〜1度ってところ。

道に残る雪の量と気温は必ずしも対応していないのね。

ところで、昨日インターネットで見つけたホステルまで来てみたら、びっくり。
ここはレセプションがない。

先にオンラインで予約して、オンラインで支払いをすると、ホステルや部屋に入るためのコードが送られてくる。ものすごく合理的!

ACCO HOSTEL
http://accohostel.com/

だけど、わたしのような飛び込み客、しかも携帯電話を持っていない場合は困るんだけど、ドアをノックしたら運良く宿泊客の1人が気付いてドアをあけてくれた。

ということで、ロビーでインターネットに接続して予約しております。
いま、支払いが終わったのでコードの発行待ち。

手続きが終わったら、荷物を置いてフェリーの予約をしに行こうっと。
で、街を歩く。

ストックホルム、メトロが少し外に出たときに見えた景色は素敵でした。
早くコード届け〜


[PR]
by southend-on-sea | 2010-02-26 09:00 |

ベオグラードにて

鉄道パスが無くなった現在、セルビアにいます。

やっぱりマクドナルドは偉大で、セルビアでも無料 Wi-Fi を飛ばしてくれていた。
ありがとう、マクドナルド。

インターネットで検索して、The New Inn という場所に泊まっています。
ちょうど、マクドナルドから歩いて3分の場所にあった。
10ベッドのドミトリーが1泊13ユーロ。
部屋はきれいです。

小さいけどキッチンがあって、レンジや湯沸かしポットもあるし、食器類はもちろんのこと、お茶やコーヒーまで用意されているので節約派にはありがたい。

The New Inn
http://www.thenewinnbelgrade.com/

鉄道パスがなくなって落ち込んでいるんだけれど、もっと最悪な結果にもなり得た。
パスポートを盗られていたら確実にロシアビザも消えていたし、パソコンだって盗られていたかもしれない。現金も無事だ。

カメラも失ったけれども、パソコンに画像データをこまめに移していたので旅行中に撮った写真は手元にすべてある。

イスタンブールで吸い込まれたカードの再発行手続きも完了している。

ちょっと面倒なことに、新しいカードはイギリスの旧住所に送られるので、イギリスで一緒に住んでいたフラットメイトの助けを借りる必要がある。
彼女にヨーロッパのどこか郵便局の局留めで送ってもらうか、もしくは元同僚が休暇でフランスに行くそうなので、彼に託してもらってフランスまで受け取りに行くか。

それまで、なんとか手持ちの現金でやっていけるかギリギリという具合だったんだけれど、妹が経済的に支援してくれた。
本当に感謝しています、ありがとう。

ということで、気持ちを切り替えて日本帰国の旅を続けます。
みなさん、心配のメール、メッセージありがとう。
ご心配をおかけしました。
わたしは元気です。


[PR]
by southend-on-sea | 2010-01-20 10:00 |

最新の記事

再びパリ
at 2011-01-29 22:00
大阪港での通関
at 2010-04-11 00:00
その後
at 2010-04-02 10:00
上海はグーグルで移動
at 2010-03-24 13:00
大阪!
at 2010-03-22 16:00
ラストナイトは上海で
at 2010-03-20 11:00
港街上海
at 2010-03-18 18:00
八達嶺長城に行ってきました
at 2010-03-16 19:00
杏仁豆腐と鳥の巣
at 2010-03-15 13:00
天安門と紫禁城
at 2010-03-13 22:00
シベリア鉄道・クラシック
at 2010-03-12 12:00
シベリア鉄道にて/9
at 2010-03-11 20:00
シベリア鉄道にて/8
at 2010-03-11 12:00
シベリア鉄道にて/7
at 2010-03-10 23:00
シベリア鉄道にて/6
at 2010-03-10 22:00
シベリア鉄道にて/5
at 2010-03-10 20:00
シベリア鉄道にて/4
at 2010-03-09 18:00
シベリア鉄道にて/3
at 2010-03-08 17:00
シベリア鉄道にて/2
at 2010-03-07 23:00
シベリア鉄道にて/1
at 2010-03-06 15:00

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧